蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

今週のお題「ちょっとコワい話」

今週のお題「ちょっとコワい話」

 

前回に引き続き中国旅行の話を書こうと思う。

日本以外の国のほとんどでは水道水が飲めないことは有名であるが、中国も例外ではなかった。ミネラルウォーターも信頼して良いのかわからず、私はコカコーラばかりを飲むことにしていた。

ホテルにポットが用意してあった。このポットの湯で日本から持ってきたお茶のティーバッグを利用して緑茶を飲みたいと思ったのある。どこの店に行っても飲み慣れぬジャスミンティーであり、自販機を見かけるたびに買っていた生ぬるいコカコーラにも飽き始めてめていたのである。緑茶を見つけても砂糖が入っているという中国仕様のものだったのだ。

さすがにポットに入っている水なのだから信頼はできないけれどもミネラルウォーターの水だろうと甘く考えていた。

そしてポットで湯を沸かし懐かしい緑茶を飲んだのである。

祖国を離れて一週間も経っていなかったが、あの時の緑茶は大変美味しかった。

翌朝、衝撃の事実を聞くまでは……。

ガイドによると、あのポットの中には水道水が入っていたというのである。現に隣の部屋にいた友人はあのポットの湯でカップ麺を作り腹を壊していた。(なんとなく現地調達のカップ麺が原因のもするのだが……)

恐るべし緑茶の殺菌作用なのか、それとも沸騰させた時間が長く煮沸殺菌されてしまったのか、それとも私の体が運よく耐えたのか。本当の所はわからないが、あれほど恐ろしかったことはない。

水道水を飲むことができる国に生まれた事に感謝を。