蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

【映画感想】太陽の下で-真実の北朝鮮ー

 

北朝鮮の日常ドキュメンタリーを撮ると見せかけて、作られた日常を隠し撮りによって映し出したドキュメンタリーである。

ありのままの日常と撮っているのかと思いきや、監督らしき男性が現れるのですぐ違うことに気づくはずだ。

そのため、この映画はまるで映画撮影の舞台裏を映したドキュメンタリーのようだ。台本を確認するお父さんは微笑ましく。その後の進行を忘れる退役軍人には笑ってしまった。途中まで、なかなか興味深い話をしていた後に突然「次なんだっけ?」みたいな事を言うからだ。非常にお爺ちゃんらしい言動だ。老軍人達の姿を多く見ることができたが、TVで見るジョンウンの隣に立っている軍人達と比べると、目がお爺ちゃんのような優しい目をしていた。彼らはただ国を信じて朝鮮戦争を戦ったただの老人達なのだろう。

やらせなのかもしれないが、工場で花束をもらっている人がどこかうれしそうに見えた。退屈な工場の作業を思えば、たまに行っているのかもしれない演技は楽しいものなのかもしれないと思った。

北朝鮮が撮ってもらおうと頑張って作っていた日常は、非常に日本人好みのストーリーだと感じた。

例えば劇の練習中に怪我したことした子供を、全員で病院見舞いに行くシーンなどだ。仲の良いクラスを演出するために日本でもやりそうな発想である。

日本の日常を作らせたら同じようなシナリオでドキュメンタリーを作ろうとするのではなかろうか。それを思うと彼らを笑うことができない。

東アジア的というべきか日本的と言うべきなのかがわからないが、韓国の映像作品が面白いのと同様に隣国ゆえに話のセンスが似ているのかもしれない。

最後に主人公が泣くのは、大人達に、ああしろこうしろと細かく指導をされたせいだろう。主役の苦悩と同時に子役の扱いの難しさを感じた。日本の子役は大人びすぎて子役らしさがないから、これぐらいが可愛らしくてちょうど良いのではとも思った。

噂にしか聞いたことがないトロリーバスが走っている光景は興味深かった。日本には黒部ダムにしか残っていないが、向こうでは現役なのだ。

北朝鮮に興味がある人しか、こんな映画みないと思うが興味がなければ強烈に退屈な映画なので注意を。