蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

【映画レビュー】メアリと魔女の花 どうして赤毛ロング魔女っ子をもっと出してくれなかったんだ! 

この映画メアリと魔女の花は、ジブリ制作部解体によって、ジブリを退社した人達が集まって作られた会社スタジオポノック第一作です。

なので、予告編からもわかると思いますが作画がほぼジブリです。スタジオポノックではなく、ジブリだと思ってみている人も多いのではないかと思います。

あんまり期待せずに見に行ったせいか、この映画そこそこ面白かったです。逆に言うと期待してみると、とんでもなく面白くない映画ですね。

でも、冒頭の魔女がとんでもなく可愛い。なぜこの人を主人公のデザインに採用しかなったんだ! って言いたいほどです。メアリとこの魔女のデザイン反転させても誰も文句言わないんじゃないかな……。

この謎の魔女のシーンが、もっとあれば救われたかもしれません。登場キャラが可愛ければだいたいどうにかなるものです。

ちょくちょくジブリの過去作のオマージュぽいシーンが入っていたのは、おそらくわざとだと思います。色々探してみると楽しいかも。

どこからが、原作の要素でどこからが映画化によって追加されたシーンなのかが気になって原作も読みました。

新訳 メアリと魔女の花(角川文庫)

新訳 メアリと魔女の花(角川文庫)

 

 原作を読んで思ったのは、どうしてこのまま映画化しかなったのだろう? ということですね。映画で不満だった点は原作にはありませんでした。

原作そのままだと千と千尋ぽくなってしまうことが不満だったのでしょうかね?

その代わりに全てのジブリ作品を煮込んで米林監督独自のメッセージを入れた映画になってしまっています。

しかも、このメッセージ。かなりストレートに表現されています。風の谷のナウシカとか、もののけ姫を見て自然は大切なんだなあ、って思うのとは次元が違うほどダイレクトな表現です。

そんな余計なものを入れずに一人の女の子が体験したちょっと不思議な物語という話のままにすれば良かったと思うのですが……。

それと、時間の使い方が下手ですね。それはそこまで時間をとってやるべきシーンなのか? というシーンが目立ちだるい所が多いです。

スタジオポノックの次作に期待したいですね。

次はジブリからの完全脱却しか道はないと思います。

 

PS:動物群予告は激アツです……。