蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

【映画レビュー】「ハクソー・リッジ」 英雄になった衛生兵

一人のアメリカ人青年が衛生兵として英雄になるまでを描いた映画であった。
彼は国のために軍に志願する。ただし、信仰の問題で彼は武器を持つことを頑固として拒んだ。
そして、彼は人を殺すことではなく、救うことによって英雄になったのである。
訓練中の描写はフルメタルジャケットを思い出させる話だった。ただし、向こうと比べるとハードな話ではなく笑う要素もあり比較的楽しいシーンとして作られていた。
その後に地獄の戦場が描かれているためかもしれない。
戦闘シーンは、とても迫力があった。銃弾という鉄が飛び交っている様子が見事に描かれていた。この戦闘シーンは必見である。
どちらかというと日本兵がバタバタとやられるシーンが多いため、日本人としては微妙な思いで見つめていた。負けた戦いであるから実際もそうだったのかもしれないが……。
米名、ハクソー・リッジ。日本名、前田高地。沖縄を訪れた際にはぜひ行ってみたい場所がまた一つ増えた。