蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

目薬について

市販の薬局の目薬であると言えども、もちろん薬であるから使い方に注意が必要なそうだ。特に「血管収縮剤」が入ってる目薬がくせ者だという話を耳にした。

この「血管収縮剤」は点鼻薬でも問題になっている。使いすぎると、それによって鼻づまりが悪化してしまうそうだ。

ようするに使いすぎると悪影響があるわけだ。

さて、話を目薬に戻す。

鼻で起きるものは、当然目でもおきる。

目がどうもしんどいのでVロートプレミアムを使っていた。常用と言ってもよいレベルだと思う。その後、花粉症の時期に入り目がかゆくて、これまた常用と言ってもよいレベルで目薬を使っていた。

どうもこれがよくなかったらしい。

目薬で先延ばしにしていた問題が、すべて跳ね返ってきたのようだ。

それで調べてみると先に書いた問題を見つけ、「なるほど」と納得していた所である。人によっては防腐剤入りの目薬もダメであると言う人もいるそうだ。防腐剤については気にしていないが「血管収縮剤」については常用してはいけないということに同意である。

ちょっと今日は目が霞むな、という時にたまに目にさす分には問題ないのだろうが。毎日使っていると薬も毒になり得るというわけだ。

ちなみに、「血管収縮剤」「防腐剤」、共に入っていない目薬で有名なのが参天の「ひとみストレッチ」だそうだ。防腐剤が入っていないため10日前後で使い切る必要がある。それを考えてのことか、一箱に小さい容器のものが4つ入っている。

目薬を毎日使うような人は、こういうものを使ったほうが良いそうだ。

私は嵐が過ぎるのを待つことにする。ああ、これが薬が抜けるのを待つ苦しみか。

【第3類医薬品】ソフトサンティア ひとみストレッチ 5mL×4

【第3類医薬品】ソフトサンティア ひとみストレッチ 5mL×4