読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

映画「鉄道員」感想

 

鉄道員(ぽっぽや) [Blu-ray]

鉄道員(ぽっぽや) [Blu-ray]

 
鉄道員(ぽっぽや) [DVD]

鉄道員(ぽっぽや) [DVD]

 

 映画「鉄道員」を真剣に最初から最後まで初めて見たような気がする。

BD版もいつの間にか出ていたようだが、今回みたのはDVD版なので違いは不明である。そのうちBD版も見てみたいと思う。

浅田次郎作品の映画化は多くあるけれども、小説を超えるもしくは同等の出来だと思われる映画は少ない。それは小説があまりにも良い小説だからだと思う。

その中で映画「鉄道員」は小説と同じレベルと保っている映画である。

高倉健がまさに佐藤乙松さんにピッタリなのだ。その他の出演者も見事にあの物語の人がスクリーン上に出てきたように思える。

実質主演のキハの力もあるのだと思う。映画が公開されて数年は実際にあの姿で北海道を走っていたらしいが、現在はロケ地に置かれているようだ。北海道に行くことがあれば必ず見に行きたい場所の一つだ。

それにしても広末涼子は恐ろしい。この映画の出演していたときから美しさがまったく変わっていないように思える。