蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

映画「地下鉄に乗って」 感想

 

 映画地下鉄に乗ってを久しぶりに見た。

そういえば軽部みち子役で出演されていた岡本綾さんは、今一体どうしているのだろうと思って調べてみたらどうやら引退されているそうだ。

原作小説を読み直している最中なので、話全体としてはこんな感じだったかな、という印象だった。ただ主人公の名字が変わっているという設定変更はどうなのだろうと思った。最初の同窓会をカットして、のっぺいとの出会いを偶然ようにしているのもなんとも言えない。二時間という尺に収めるためにはこの話は濃すぎるのかもしれない。1話一時間12話のドラマとしてやれば細かい所まで納めることができるのにと思うと惜しいものを感じる。

そのためかこの映画からは間の話が抜けているような物足りなさを感じてしまう。

流星ワゴンのキャストでドラマ化したらピッタリのように思えるのだがどうだろう?

香川照之のアムールを見てみたい。