読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」 感想

f:id:BingoAkikaze:20170407225107j:plain

本日、最新アニメ制作決定も発表された攻殻機動隊の実写映画化作品「ゴースト・イン・ザ・シェル」を早速見てました。

次のアニメでは漫画のほうの少佐が見てみないかな。

それは置いといて、吹き替えの声優陣がアニメと同じ事もあり、これは吹き替えで見ないとだめだろう、ということで吹き替えで見ました。

声は大事で、違和感なく見ることが出来ます。

ただまあ、ビートたけしだけ声がそのままなので浮き気味でした。

どうせなら荒巻課長も吹き替えたら良いのにと思いましたが、これはしょうがないですね。一人だけアウトレイジから出てきたような感じでした。

実写化されたバトーさんが一番すごいです。おお! これはまさにバトーさんだ! って感激するほどでした。あれはどうみてもバトーさんです。

最初はあの目じゃないので違和感がすごいですが、あの目になってからはまさにピッタリ。

サイトーの出番が一瞬しかないのは残念でしたが、一番良い所を持って行ってくれます。

イシカワは空気気味。

トグサは……。あの吹き替えの声ならトグサだな。と、わかりますが字幕だと厳しそう。

謎の黒人女性捜査官も増えていましたが、その辺は公平に出さないとだめなのでしょう。

良いか悪いかは別にして、少佐がミラ・キリアンっていう草薙素子以外の名前が付いている理由は見ていくと明らかになりました。

こう来たかっていう感想です。

あのかわいそうなゴミ収集のおっさんが、実写化によってさらにかわいそうになっていました。あのおっさんは救われませんねえ。

この映画は押井版と神山版のアニメを実写化することに重点を置いて制作されたことが明らかななので漫画原作派は見ない方がいいです。

ただ思う所は、全身義体が一般化していない世界っていうのはなんだかなぁ、という所ですかね。そうしないと今回の話が作れないのはわかりますが……。

このバトーさんでイノセンスが見てみたいのですが、今回のゴースト・イン・ザ・シェルの落ちでは無理ですね。

そういえば、ゴーストが囁いていなかったな……。絶賛とは言いがたいですが、まぁ悪くはなかったです。どんなとんでもないものができあがるのかという不安が強かったせいですね。