読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

ハードコア 感想 FPSゲーマー必見!

f:id:BingoAkikaze:20170404200436j:plain

FPS視点のみで進行される映画、ハードコアを見てきました。

FPSゲームに爽快感やシステムなどを求めるのと同じように、ストーリーはおまけみたいなもので映画でFPS視点を楽しむ映画でした。

なので、クローバーフィールドもびっくりなほどに酔いそうになります。

映画館の大きなスクリーンには不向きですね。PCモニター程度じゃないと酔わない人でも酔いそうになることでしょう。

そのためか休憩シーンが入っているのは良心的でした。

あらすじは、サイボーグに改造された主人公が妻を救い出すために奮闘する、という内容です。改造されるとなるとQuake4でしょうか? あれを高画質化してVRで体験した日には改造シーンで死にそうです。

FPS視点ということだけあってFPSゲームに対する愛を感じました。

FPSゲームをやったことある人ならニヤッとするシーンが数多くあります。

ペイデイ2のポスターが部屋に貼ってありますし、どうてみてもCoD4が元ネタのギリースーツを着た人物が登場します。最後のシーンはL4Dでしょうか?

爆弾を地面に設置して車が通過したところで爆弾を起爆させるのもお決まりですよね。

グロ度はやや高めです。これをゲームにするとCERO Z指定は通らないんじゃ無いかな? 映画だと15歳以上になるのは不思議です。