読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

「SING/シング」 レビュー

sing-movie.jp

 

現在劇場は、モアナVSシングという状態です。地味にまだ「君の名は。」が上映していることに驚き。

素直にどっちが面白いかというとモアナのほうが面白いと思いました。

同じ動物が出てくるアニメというと、ズートピアをどうしてもまず思い浮かびますが、あちらと違い動物である意味を見いだせませんでした。ケモノ分は少なく、もふもふしてることを生かして車を洗車したり、長い鼻が役だったりするぐらいです。そのまま人間にキャラ変えたとしても、そのまま通用するわかりやすいストーリーでした。

かわいらしい動物たちがうたっている姿を見たい、というだけなら問題ないですがズートピアのようなものを求めると期待外れになります。

おそらく低年齢層狙いということだと思います。

子ども連れで一緒に見ることができる映画という位置づけでしょう。

なので、ほぼ人間と変わらない動物たちなので知識がなくても楽しむことができます。

字幕の放映がなかったので、これも吹き替えで見ました。

キャラソンじゃないので坂本真綾が歌います。

主婦の豚さん役です。この豚さん手先の器用さと発想力がすごすぎます。

全自動育児マシンを一晩で作り上げるとは恐ろしい。

そしてMISIAボイスの象がかわいらしい。

コアラに次ぐ主人公キャラかも。

使われているの曲を知っていれば、声優や歌手のカラオケ大会のようなノリで楽しめるのかもしれませんが聞いたことはあるけれども知らない曲が多かったので微妙でした。きゃりーぱみゅぱみゅの曲が一瞬だけ流れます。もっと聞きたかったです。

公式サイトに災害想起シーンがあるので注意するように、とありました。

その問題のシーンですが、津波というよりタイタニックの沈没シーンぽかったので水がもう見たくないっていう人以外は大丈夫だと思います。

すでにSING2の公開が2020年12月25日に決まっています。日本はそこから遅れて2021年春ぐらいかな?

SINGの登場キャラ達が大物になってるストーリーになるのだろうか?