読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

モアナと伝説の海 同時上映 インナー・ワーキング レビュー

www.disney.co.jp

 

地方では吹き替えのみで字幕の放映がないので吹き替えで見ました。

南洋神話を思わせるファンタジー映画です。

神々がまだ人と共にあった頃のお話です。

まず、エンドクレジット後にも映像があるので帰らないように。

いつもより席を立っている人が見受けられました。

同じ海のディズニーネタがあります。

日本版ポスターのみ海は友達みたいなふわっとしたポスターですが、あんまりこの海は優しくありません。

マウイの存在も日本のポスターだけ隠されていますよね。上に飛んでますけど。

海外の船にのって海に乗り出しているポスターのほうがこの作品の内容を表せていると思います。ディズニーの分析した結果、日本だけこのほうが客が集まるということなのでしょうけど。そのせいか女性がかなり多かったです。これがディズニーパワー……。

こちらのほうが、「君の名は。」でカップルだらけの時よりしんどかったです。

まず同時上映の「インナー・ワーキング」は内蔵擬人化アニメでした。

それをやると死に至る可能性が少しでもあると、それをするのは止めなさいという脳と弾けたいその他臓器。なんでもかんでも死に結びつけるあたりこの主人公の精神状態はよくない気がしました。その主人公の仕事は、紙を一枚めくるごとにキーボードを一字叩く仕事です。楽そうだけど壮絶に楽しくはなさそうなお仕事です。

最終的には、このまま老いて死ぬぐらいなら今を楽しむべきと脳も諦めてはじけて楽しい雰囲気になった所で本編が始まります。

主人公は島の族長の娘モアナ。男子のみが族長を継承する社会ではないようでそのままモアナは次期族長になることが定められていました。

そしてモアナは、この狭い島の周りの海だけではなく、島の周りの珊瑚礁の向こう側にある広い海の向こう側を旅することを夢見ていたのでした。

族長である父親珊瑚礁の向こう側に行くことを島民全員に禁じているのでした。それは父親もかつて試みて友人を亡くした過去があるから……。

マッドマックス4のオマージュもあったりと楽しい映画でした。

島を救うため隠されていた船で広い海に旅立つというヤマトのような展開も。

そんな感じで海に出てからが本番です。

ご先祖様達の船に対面した時に幻視する海を航海するご先祖様達の所が個人的には一番泣けました。

思えば縄文人もこんな感じに海を渡って日本にやってきたに違いありません。

生と死は表裏一体的な話もあり、さすがディズニーうまいなぁと感心していました。安心して見ることができる映画です。