蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

小林さんちのメイドラゴン 第7話 感想

第7話は水着とコミケ回でした。

水着が鱗とはなんとも便利なものなのでしょう。

ルコアさんはどう見ても悪魔です。

トールの親についての話がありましたが、漫画と違ってアニメではトールの親が小林さんの家に突撃してきてないので会ってない世界なんですよね。

おそらく今後も出てこないのではないかな?

漫画を読み直しましたが、そんな感じで結構違う所があります。

しかし悪い変更点ではないのでさすが京アニうまい! と思わせるようなアニメ化だと思います。

ドラゴン花火が気になって調べてみたら、花火「ドラゴン」は2008年に販売中止されていたのですね。

今年から支援によって復活するらしいので夏になったら買ってみようかな。

トールのドラゴン花火には及びませんけどね。

コミケ回は冬コミ行ってきたのようやくどんなもんかわかるようになりました。

あの京都アニメーションクオリティのコミケ描写すごいですね。

会場内の人混み感が伝わってきます。

冬コミは寒いからどうにかなりましたが、夏コミには参加する勇気はありません……。

あの人の多さで暑いとなると行かなくても地獄だというのが想像できます……。