読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

芦田川について~中国地方水質ワースト一位に君臨する川~

f:id:BingoAkikaze:20170220120845j:plain

芦田川とは

広島東部を流れる一級河川であり、2016年にピラニアが捕獲されたことで全国に名を轟かせた川である。

一級河川とは「国土保全や国民経済上、と津別に重要な水系の中で政令区間を示して指定された河川であり、国が管理する」ものである。

ようするに影響力が大きいので、指定された川ということになる。川の中の指定暴力団のようなものだと考えるとわかりやすいのではないかと思う。

芦田川は、流域に福山市府中市などの7市2町を抱える。もし芦田川が大氾濫でもしようものなら、その損害ははかりしれない。そして芦田川の水によって私たちは水を利用することができている。現在でも川は無くてはならないものなのだ。

芦田川は、中国地方一級河川13水系の中で、1972年度から38年連続水質ワースト1位をキープし続けたことで有名である。2011年度のみ吉井川の水質が悪化したことからワースト一位記録は途絶えた。しかし芦田川の水質が改善されたわけではないので翌年から再びワースト1位に返り咲き、現在また記録更新の旅を続けている。

この水質の悪さには、河口堰の影響が大きいと言われている。

f:id:BingoAkikaze:20170220130227j:plain

当然のようにアメリカザリガニブラックバスが顔を連ねている。

もちろん芦田川にはブルーギルもいる。

なんたってピラニアまで居た川なのだから……

芦田川河口堰

f:id:BingoAkikaze:20170220122759j:plain

芦田川河口堰は、治水と利水のために設置されている。

この河口堰によって川の流れが滞り水質が悪化しているのではないかという説がある。

またこの河口堰によって川の流れが消えたことから沖合にヘドロが溜まっているという問題も発生している。ならば常時開放すれば良いではないかという話になるのだが、後者の利水目的という目的が大きく常時開放は実現していない。

ちなみに、

 

潮力発電がこの河口堰を使ってできるのではという話もある。

f:id:BingoAkikaze:20170220123711j:plain

この箕島浄水場でせき止められた芦田川の水は浄化され工業用水として箕島工業団地及びJFEによって使われている。

三川ダム、八田原ダムの貯水量では、この工業用水の確保には足りないため河口堰は必要であるという説明を前に聞いた覚えがある。

JFEによって発展した町であるから工業重点するのは致し方ないのではないかと思うと同時にそのバランスの難しさを知る。

高屋川河川浄化施設

f:id:BingoAkikaze:20170220124357j:plain

高屋川河川浄化施設である。

芦田川見る視る館が併設されており、開館日または予約を取れば芦田川と水について学ぶことができる。

芦田川の水質の悪化には高屋川の水質が悪いのが原因とも見られていた。そこで井溝、新川、吉野川の水を浄化し高屋川に再び流すことによって高屋川の水質を改善することを目指して59億円をかけ建設されたのが高屋川河川浄化施設である。

川の水を綺麗にするためだけの浄水施設であるため無駄な気もしてしまう。

見学会に行ったときに隣から「こんなの作らなくても河口堰開ければ改善するじゃないか。なんという税金の無駄遣いだ」という声が聞こえたことを覚えている。

結局の所、やらないよりはましであるが明らかな効果は出ていないようだ。

維持費は一年で詳しくは覚えていないが、1~2億円だったと聞いた記憶がある。

たしかに無駄な施設のような気がしてならないが、河口堰を開けられない以上これぐらいしかできることが無かったというのが現実ではなかろうか。

スイゲンゼニタナゴ

f:id:BingoAkikaze:20170220130451j:plain

山陽地方の一部にしか生息していないと言われるスイゲンゼニタナゴがこの芦田川にも生息していた。減少の原因は水質悪化による卵を産み付けていた貝の減少、ブラックバスブルーギルなどの外来種による捕食だと言われている。

スイゲンゼニタナゴは、ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いものである絶滅危惧ⅠA類に指定されている。

そのため一部では高値で取引されているとかで、こういう看板を立てると取りに来る人が現れたりするので本当なら立てないほうが良いのだと思うが、もはやこの芦田川では観測できなくなったのではなかろうか。最新の調査結果を聞いていないので詳しいことはわからないが聞いたときはそういう状態だった。

f:id:BingoAkikaze:20170220130458j:plain

まとめ

少なからず芦田川や最寄りの川について考えてもらえるきっかけになってもらえればさいわいである。水道をひねれば水がでてくる。水と安全はタダだと言われる日本では水の貴重さというのは、いまいちぴんと来ないというのが、多くの人が思うことだと思う。

沸いた地下水や井戸を利用している場所もあるが、多くの場所では川の水を利用している。世界史に登場するインダス文明黄河文明と川を中心に栄えた文明を覚えているだろうか? インダス文明は川の変化によって滅亡されたとの説もあるように川は人間にとって欠かせないものである。それは現代でも通用する不変の事実であろう。