蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

小林さんちのメイドラゴン 第五話 感想

料理を美味しいと褒められる。トール曰く、こちらにある原材料のみを使ったという。これまで何を使っていたんだ。

明るくなったと言われる小林さん、間違いなくドラゴンたちのおかげであろう。それまでの小林さんはどんな人だったのだろう?

料理番組を見て料理を研究するトール。どうしても尻尾を小林さんに食べさせたいらしい。

嫌な上司の登場。嫌らしさでは池井戸作品には叶わないがそれでもこういう人は見ているだけで頭にくる。小林さんの手によってパワハラで首になったが、実際はパワハラぐらいじゃ首にならない所のほうが多そうな気がする。こういう手段が取れるのはまれでだいたいはこちら側が辞めるしかない方向に行くのが残念な所だ。

スプーン曲げは世界の家庭から何本のスプーンを無駄に消費させたのだろう。

小林さんが評するに人間を理解したいからこそ、口では「人間にまけたくない、人間に劣ることなんてあってはならない」と言いながら理解できない部分に必死になるトールということらしい。

TV番組内の手品に相乗りする形で行われたトールの瞬間移動には笑ってしまった。