読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

嫌われる勇気 5話 課題の分離 感想

第五話は課題の分離を説く話であった。

誰の課題であるかを見分ける方法はその課題の結果を誰が受けることになるかと考えると良い。それを受けるのが自分でなければ、それは自分の課題ではなく他者の課題ということになる。

そして他者の課題には、決して踏み込んではならない。他者の課題に踏み込むことは、他者との衝突を招くことになる。しかし世間体や支配欲を満たしたりするために他者の課題に踏み込む人は多い。

今回の事件は、自分が足を怪我をされてしまったという負い目から他者の課題に踏み込み続けた話であった。

馬を水辺に連れて行くことはできるが水を飲ませることはできない。

機会を与えることができるが、それをするかどうかは結局の所本人のやる気しだいという話です。そしてなんで水を飲まないんだ! と怒ることは他者の課題に踏み込むことになります。気をつけましょう。

トリックに使われた。

大量出血で死斑が出にくい。温めることで死亡推定時刻を偽装することができる。そのための暖房28度だったっていうのはミステリー物の定番だったりするのだろうか。そういう手を初めて見たような気がするので新鮮に感じた。

バレンタインに男性から女性に花を贈るフラワーバレンタインという試みがどうも始まっていたらしい。花業界の試みは果たして広まるのだろうか。

搬入口のカメラが、なぜか切られていた。今後の話に繋がる出来事のようだ。

まさか椎名桔平がラスボスだったりして?