読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

kashmir「ぱらのま1」 感想 乗り鉄のお姉さんは嫌いですか?

 

ぱらのま 1 (楽園コミックス)

ぱらのま 1 (楽園コミックス)

 

 Twitterの広告でこの漫画を知りました。

鬱陶しいTwitterの広告もたまには良いことを教えてくれるものです。

この「ぱらのま」は年齢不詳の綺麗なお姉さんがゆったりと鉄道で旅をする漫画です。駅弁を食べるためだけに電車に乗ったり、路面電車が乗りたいと飛び出したり、うどんを食べに寝台特急に乗ったりそんなゆったりとした漫画です。

そのなかで時々不思議な列車に出会い描写があるのは前作の「てるみな」という漫画の続編だからだそうです。終点駅に現れた下り列車そこには青樹ヶ原行きの文字きっと乗ったら戻りはない電車なのでしょう。

私は車とバイクの民なのであまり公共交通機関に乗らないのですが、この漫画を読むと真っ黄色の電車に乗って旅に出たくなります。電車通学通勤はしたことがありますが、なんだか慌ただしくて電車を楽しめもうなんて気にはなれなかった記憶が強く残っています。その反動もあり自分で運転できる車とバイクの民になってしまったわけです。ただ急がないのんびりをした旅を電車や気動車に乗って行くのも悪くないと思うのでありました。