蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

2017年大河ドラマ「おんな城主直虎 第5回」感想

やっと子役パートがおわり、ここからは柴咲コウさんの出番です。

第5回は、時が過ぎ情勢が変わったため亀之丞が帰ってくる話でした。今川にとってどうでもよくなったから帰ってこられるわけですね。

急に老けて次郎法師にあった時に演技をする小野正直を見て去年の方を思い出しました。あれぐらいやってくれるとやはり面白いですね。正直の死去に伴い鶴丸こと小野正次が、これから表にでてくるそうです。その後を調べたところによると直虎と対立して処刑されるそうですね……直虎は直盛のように甘くはなかったということか。今のところは仲良いみたいですがどのように悪化していくのか注目したいと思います。

そして亀之丞が帰ってきたわけです。

井伊家は亀之丞! 君の帰還を歓迎する。

なんとなく小さい頃にどこかに引っ越した幼なじみがイケメンになって帰ってきたような話に見えました。今回の大河は戦国のドロドロした感じのドラマではなく、高橋一生三浦春馬に挟まれる柴咲コウという構図なので、やはりそういう甘いテーストの話なのでしょう。

一瞬、能が出てきましたが、あれを見てガサラキおじさんがやってくるに違いないと思ってTwitterの様子を見てみましたが全然反応がありませんでした。