蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

小林さんちのメイドラゴン第3話「新生活、はじまる!(もちろんうまくいきません)」 感想

小林さんちは三人暮らしという賑やかな暮らしになり、今の部屋では狭くなってきたので3LDKの部屋に引っ越すことを決意した小林さんでした。

部屋を幾つか見て回るとどこも代わり映えがしなかったけれども、屋上に共用スペースがあることをきっかけに部屋を決める小林さん。屋上にそういうスペースがある家は良いよなぁと見ていて思いました。あんまり周りが明るい所だと駄目だけども家から星空が見放題だし街の花火もそこから見られそうです。さっそくその屋上スペースでトールを洗車する小林さん。他の人から見ると何もない所に水をかけている変人のように見えるのではと思ってしまいました。それともトールの力で屋上分ぐらい隠すのは余裕なのでしょうか。

騒音問題はマンションやアパートで暮らす上で避けられない問題ですよね。私は洗濯物をしまい忘れた状態で外出してたら「洗濯物出しっぱだし生活音もしないので死んでるのかもしれない」と隣の部屋の人が管理会社に電話してくれたことがあります。ありがたいことです。

騒音を出すことを辞めない隣人達を「殺すか」と爪を出すトール。恐ろしい……さすが人間を下等生物としか見ていないドラゴンである。

それにしても工事現場のような音を出す料理方法とは一体……