読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

小林さんちのメイドラゴン二話 感想

アニメ

二話でようやく気づいたのですが、トールの目がしっかりと爬虫類の目になっているのですね。かわいらしいです。

なぜか商店街の人たちと仲良くなっているトール。なんか適当に愛想よくするだけがというのがコミュニケーションのコツのようです。たしかに同じ人間だと思うからコミュニケーションは難しい部分があるのではないかと思いました。

オーバーロードナーベラルやこの作品のトールのように人を見るということもたまには必要な気がどうもしてきました。同じ人間だと思うからこそ愚かさに腹が立つのでしょう。下等生物だと思っていれば犬が吠えている程度には思えないはずです。

隙きあらば小林さんに自らの尻尾を食べさせようとするトール……もしかすると尻尾を食べてしまうと自らに誘惑することができるとかそんな効能もあったりして……

二話から小林さんちにもうカンナという居候が一人増えました。尻尾をコンセントに刺してエネルギー回復できるとはまるで家電である。小林さんちも少し賑やかになってきましたね。