読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

傷物語Ⅲ冷血篇 感想

映画

www.kizumonogatari-movie.com

傷物語のアニメが発表されてざっと7年……これでようやく完結した。

面白さで言えばⅢ冷血篇>Ⅰ鉄血篇>Ⅱ熱血篇だろうか。

Ⅱを抜かしてⅠ→Ⅲでも違和感なさそうな気がする。それほどまでにⅡ熱血篇は、なんとも言えない出来だった。私は羽川さんのパンツを見るために映画館に来たのだろうか……? と映画館を出たときの感想はそれしか出てこなかった記憶がある。

それを思えば、羽川さんとのちちくりあいにどうも今回も尺を取りすぎのような気がするが、Ⅲ冷血篇はまだよかった。

それにしても作中に流れるウエダハジメの古傷物語はとてもよかった。これでこそ物語シリーズではなかろうか。それに完全体のハートアンダーブレードはとても美しかった。その姿をもっと見たかった……

傷物語は、阿良々木君と羽川さんが出会った物語でもあるが、やはりハートアンダーブレードが忍野忍になるまでの話という面のほうが大きいのではないかと思う。

その割にはこの映画は、阿良々木君と羽川さんの話が多すぎた。7年近く待った映画の出来としては残念でならない。見ていて阿良々木くんの行動に苛立ちを感じた。7年の年月によって私の感性も変わってしまったのだろうかと思うところがあった。

今思えば傷物語化物語冒頭90秒の完成度が高すぎて、どうしてもその壁を超えられない作品だったのかもしれない。