読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

嫌われる勇気 第二話 感想

初回視聴率8.1%そしてこの第二話は6.4%とぱっとしない視聴率なこのドラマ。

今回は、アドラーがいう目的論をテーマにした話でした。

店員に水をかけられた時に怒る人がいるのは、水をかけられたという原因があるから怒るのではない。怒りたいという目的を叶えるために水をかけられたという原因を使っているのだ! という目的論を使った話でした。

無駄に刑事ドラマにしているせいで、相変わらずよくわからない話になっています。

アドラー心理学を極めるとこの香里奈演じるキャラみたいになるという風評被害を与えそうな気もしてきました。刑事ドラマとしてもアドラー心理学ドラマとしても出来が悪いように思えます。

サブタイトルは、ブラック企業狂想曲でした。しかし今回の話を見るにブラック企業度が相当物足らないように感じました。見ている人がドン引きするレベルのブラック企業を見せてもらいたかった。

このドラマ夜22時ではなくて昼から夕方にかけての枠だと許されるのではないでしょうか。苛烈な競争の夜にやるにはやはり微妙なドラマ……

それにしても今回登場した消えないペンってただの油性ペンでは……

行方不明にならないペンなら画期的だと思うのですが。