読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

オーバーロード2 漆黒の戦士 感想

 

オーバーロード2 漆黒の戦士

オーバーロード2 漆黒の戦士

 

 2巻はアニメ5話から9話相当の話である。この調子でいくと3巻でアニメ部分は終了だろうか。

アニメを見ていても思ったのだが、人間に対してひたすら毒舌を吐き続けるナーベラル・ガンマさんが素敵だった。今後の活躍と毒舌に期待したい。

漆黒の剣の皆さんは、普通の主人公なら復活してもらえたのだろうが、この物語の主人公は悪の骸骨さんなのでそれは叶わなかった。

それにしても5年間準備してたにもかかわらず、その苦労と共に本人も消し飛んだカジットさん御一行が不憫でならない。消し炭になってしまっては復活もできまい。それをしてくれる人も居なさそうだが。

クレマンティーヌさんも相手が相手が悪すぎた。まさかあの鎧の中身が骨だとは思わないか。抱きしめられて殺すとはこれまた凄い方法だ。漆黒の剣の皆さんを殺されたという純粋な怒りではなく人の道具を壊しやがってという感情のほうが強そうなのはさすがという他ない。