読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

オーバーロード1不死者の王 感想

 

オーバーロード1 不死者の王

オーバーロード1 不死者の王

 

 勧められたアニメ「オーバーロード」に一気にはまりあっという間に全話見たあとにkindleに小説版が無かったため、とりあえず漫画版をkindleで全巻買いそれも読み終わった。そしてkindle版がなぜか英文版しか無かったので珍しく本屋に行って紙の本で全巻買ってきたのである。全11巻ずっしりと重かった。

ドラクエ3の最初にある性格診断で何度も魔物を選んで遊び、さらにアジト3でも迷わず悪を選んだようにおすすめしたい小説である。

小説一巻ではアニメ4話までの話が進められる。

この物語は、初め主人公さんサイドが異世界の連中の強さが計り知れないため慎重に行動をしているが物凄く強いので安心して読み進めることができる。ゲートの自衛隊が強いのとはまた違った感覚である。こちらは悪の軍団であるため法律による縛りがなく、拷問による尋問も平気で行う。そもそも全員化物なので人間を虫以下の存在にしか思っていないようだ。

ゲームの中の最強な自分に慣れたら良いなとは誰もが考える妄想だと思う。BF兵士には死にまくるからなりたくないかな。Minecraftの世界はあの変な住民しか居ない街であるし何もないから嫌すぎる。KSPの緑星人の人命を省みない果敢な宇宙開発には憧れるが何年も死ねずに軌道を周り続けることになるか、最果ての惑星に置いてきぼりになるのできついものがある。トロピコのプレシデンテも吊るされる気がする。そうなるとどうぶつの森の村でのんびり過ごすことができたらなと思う。