読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

今週のお題 「朝ごはん」

今週のお題「朝ごはん」

朝ごはんを食べなくなったのは、いつからだろう? そもそも我が家には朝ごはんの習慣というものがなかったような気がするのだ。たまに帰ってくる父親が家に居る時のみ朝ごはんが珍しく用意されていた記憶がある。

学生時代、朝ごはんに蕎麦を食べるのにはまっていた時期がある。しかし朝食を食べて電車に揺られるというのはかなりのリスクであることに気づいた。腹痛との戦いである。さらに登校するためにはきつい坂を登らないといけないのだ。朝食を食べないことによってギリギリまで寝られるという理由もあった。

そういうこともあり私は、朝ごはんを食べることをやめた。

今では完全に朝ごはんの習慣は消え、昼に出勤して22時頃帰宅する夜勤を続けるうちに昼ごはんも食べなくなった。休憩時間が無く休憩時間に何か食べるということができなかった。すると残るは夜ごはんだけということになる。そういう生活を一年以上続けたが体が慣れるものでなんとも思わなくなった。起床時にコーヒーを飲むことだけは続けている。そして昼ごはんは、麺類が続いている。

たまに朝食を食べてみるとどうも気持ちが悪い。完全に寝起きに何も食べることのできない体になってしまったようだ。

朝ごはんを食べる子は、成績が良いという話を聞いたことがある。はたして実際の所どうなのだろうか? 朝ごはんをしっかり食べるような家庭の子どもは、成績が良い傾向にあるという話のような気がしてならない。

昔はどうやら一日二食だったらしい。それがいつのまにか一日三食になったそうだ。少なくとも一日一回は食べないといけないごはんを一体どのタイミングで食べるのか?一体どのタイミングが最適解なのだろう……