蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

劇場版艦これの感想

f:id:BingoAkikaze:20161130104346j:plain

今年はアニメ映画豊作の年ですね。

そんな今年を締め括る作品である劇場版艦これを見てきました。

TV版の酷評からの劇場版でしたので、どんな出来になるかかなり不安でしたが上手くTV版からの巻き返しをしているように思えました。

特に前半部分の夜戦は素晴らしかったです。

妖精さんの登場シーンもアニメ版と比べると増えており、その部分だけを見れば優秀な戦争映画にそのまま化けそうな雰囲気もしました。

烈風ばっか飛んでいる中飛んでいる撃墜マークが書かれた零戦とか感動ものですね。多分岩本隊という設定なのだと思います。

後半部分は一回しか見ていないので深く理解することができませんでした。

なんというか映画仄暗い水の底からと似たようなメッセージを感じました。

劇場版艦これを見に行く前に映画仄暗い水の底からを見ているので美津子ちゃんが艦これに出てきそうな気がしました。当然出てきませんが。

艦これは、一人ひとりの中にそれぞれの別の世界観と鎮守府がある世界だと思いますので、それを思えば劇場版艦これは、その一つの例を出しただけと言えるのではないでしょうか?なのでケチをつけようと思えばいくらでも出てきそうな映画ではありますが、艦娘がシアター内で動いている。それで満足するべきなのではとも思いました。