読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

愛用品Kindle Paperwhite2015の紹介 

製品

f:id:BingoAkikaze:20161115102518j:plain

Kindle Paperwhite2015です。前に2012モデルを使っていたので、これで二台目のkindlの電子ペーパー端末となります。kindlepw2012を購入したきっかけは、本は紙じゃないと読んだ気にならないという派だったのですが、試すことなくそんなこと言ったらだめだという思いを持っていたことと、本を置く場所がなくなってきたからです。主に後者の理由が大きいです。そして使ってみた所あまりの便利さに今ではkindleで購入する本のほうが多いです。使ってみてからわかった利点は、紙の本の場合久しぶりに読もうと思った本を探すのに時間がかかりましたが、kindleの場合は検索機能があるので探す手間が省けます。そしてAmazonで紙の本を購入した場合到着まで、私の住んでいる所だと2日程度かかっていましたが、kindleの場合ボタンを押してDLが終わればすぐ読むことができます。そして何より購入動機であった置き場所をとらないという利点に感動しています。現在2705冊kindleで購入しているのですが、これを紙で持っていたとすると部屋がおそらく本で埋まっていたであろうと思われます。

f:id:BingoAkikaze:20161115102528j:plain

kindle本を読む方法には、KindleFireタブレットスマートフォンやPCのkindleアプリなどの方法がありますが、私は電子ペーパーkindleシリーズで読むことをおすすめします。Paperwhiteという名前を冠す通りに読む感覚が、まるで本物の紙と変わりないからです。箱を開いて電子ペーパーの画面を見た時の感動は忘れられません。漫画を読む場合には2012モデルではページ捲りが遅いなと思うことがありましたが2015モデルでは速度が向上したのであまり気にならなくなりました。そしてついに漫画モデルも登場しましたのでそちらでは、さらに快適に読むことができるのではないかと思います。

 

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック