読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

イオンシネマ 防府 ポップコーン塩・バターかけL

イオンシネマならどこも同じかもしれないがシオンシネマ防府のポップコーン塩・バターかけLである。 溢れ防止なのか最初から袋に入れてくれる。 Lというからには、やはりこれぐらい量がないとLという感じがしない。 塩バターならともかく、バターかけという…

CinemaSunshine ポップコーン塩L

せっかくあちこちの映画館に行っているのだから、とポップコーンをまとめていく。 映画館は上映料金よりもこういう飲食で成り立っていると聞くのでできるだけ何かしらを買うようにしている。 何か飲むとトイレに行きたくなるので基本的にポップコーンかフラ…

キングコング: 髑髏島の巨神 レビュー ネタバレ注意

wwws.warnerbros.co.jp モンスターバース第二作キングコングをさっそく見てきました。第一作目のGodzillaが微妙だったのであまり期待をしていませんでしたが、そんな期待とは裏腹にとんでもなく面白い映画でした。あのGodzillaの面白くない所は米軍が自身の…

パッセンジャー 感想 ネタバレ注意

登場する出演者がクリス・プラットとジェニファー・ローレンス、その他二人という映画パッセンジャー。 植民地星に向かう宇宙船の乗客で人工冬眠していた主人公が、とある理由で90年ほど早く目覚めてしまう話である。 すなわち、宇宙船の中で寿命が尽きるこ…

「SING/シング」 レビュー

sing-movie.jp 現在劇場は、モアナVSシングという状態です。地味にまだ「君の名は。」が上映していることに驚き。 素直にどっちが面白いかというとモアナのほうが面白いと思いました。 同じ動物が出てくるアニメというと、ズートピアをどうしてもまず思い浮…

モアナと伝説の海 同時上映 インナー・ワーキング レビュー

www.disney.co.jp 地方では吹き替えのみで字幕の放映がないので吹き替えで見ました。 南洋神話を思わせるファンタジー映画です。 神々がまだ人と共にあった頃のお話です。 まず、エンドクレジット後にも映像があるので帰らないように。 いつもより席を立って…

神山健治監督「ひるね姫~知らないワタシの物語~」 レビュー ややネタバレ注意

岡山県倉敷市児島に住む母を亡くした父親と二人暮らしの女子高生が主人公の、2020年東京五輪開催年を舞台にした、ちょっと未来のお話です。 素直に良かったよ! と言って人に勧めることができるかというと微妙な作品でした。かと言って、ものすごい悪い訳で…

福山映画祭 福山駅前シネマモード 2017年3月12日 「宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち 第一章嚆矢編」 羽原信義監督 舞台挨拶

「宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち 第一章嚆矢編」を羽原信義監督の舞台挨拶付きで見られる、ということで見に行ってきました。 映画館につくと、普段ではあまり見ることのないぐらいの人だかりができていました。 どうやらみんな私と同じく宇宙戦艦ヤマトを…

「劇場版総集編 後編 オーバーロード 漆黒の英雄」 見てきたよ! アニメ二期制作決定!

来場特典はシャルティア 後編は前編と違い、ぷれぷれプレアデスが冒頭に入ってました。 本編では出番のあまりないパンドラズ・アクターとシズ・デルタの話でした。 宮野さんの猫演技は必見。吹き出しそうになりました。 ぷれぷれプレアデスが終わった所で満…

デミアン・チャゼル監督作 映画「ラ・ラ・ランド」 感想 夢を追いかけて

gaga.ne.jp 映画「セッション」で有名なデミアン・チェゼル監督の「ラ・ラ・ランド」IMAX版で見てきました。 アカデミー賞効果なのか平日にもかかわらず人が多かったです。 音楽が重要な位置を占めるこういう映画は是非IMAXで見るべきだと思います。 「ラ・…

2017年3月時点での期待する映画をメモ

公開日 タイトル 一言 3/11 哭声 最寄りの公開劇場が神戸なのでちょっと遠い 3/11 劇場版総集編オーバーロード漆黒の英雄 これは絶対見に行く 3/18 ひるね姫知らないワタシの物語 攻殻機動隊SACの神山健治監督作期待 さらに舞台が近所なので 3/25 キング…

劇場版オーバーロード 前編 不死者の王 見てきました

劇場版オーバーロード前編不死者の王見てきました。 この劇場版の売り上げ次第で二期が作られるのかもしれませんね。 二期が見たい人は劇場版を見て応援しよう! 総集編なのでアニメからカットされた部分も当然ありましたが、新しいシーンもちらほら入ってい…

和泉聖治監督作映画「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」福山成分強めの映画でした 場所を知っていれば楽しめるかも?

探偵ミタライの事件簿 星籠の海 [Blu-ray] 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2017/01/06 メディア: Blu-ray この商品を含むブログを見る 2016年に公開された 福山市制施行100周年記念映画です。 福山市出身の作家島田荘司先生が、地元福山を舞台に…

村瀬修功監督作 劇場アニメ「虐殺器官」 世界が二つの世界に分かれた世の中を描いた作品

原作の小説「虐殺器官」は作家伊藤計劃のデビュー作品である。伊藤計劃先生は、2009年に夭逝されてしまったが、相当な映画通であったらしい。デビュー作品が劇場で上映されることを喜んでいるのではないかと思う。 しかしこの劇場アニメの公開までの道のりは…

ジェームズ・ガン監督作 映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 」感想 I am Groot.

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(字幕版) 発売日: 2014/12/24 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログ (1件) を見る ドクター・ストレンジでチラッと言葉にされるインフィニティストーンが気になったこととGuardians of the Galaxy Vol2が2017年5…

長崎俊一監督作品 映画「少女たちの羅針盤」 感想 福山市ご当地映画として有名な映画

少女たちの羅針盤 (2枚組) [DVD] 出版社/メーカー: TCエンタテインメント 発売日: 2011/12/02 メディア: DVD クリック: 8回 この商品を含むブログ (6件) を見る 2011年に公開された全編にわたって福山市が舞台として使われている映画「少女たちの羅針盤」…

WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT 感想

WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT(通常盤)[DVD] 出版社/メーカー: ユニバーサルミュージック 発売日: 2016/07/06 メディア: DVD この商品を含むブログを見る DVD版をレンタルして見ました。昔はVHSからDVDに移った時はDVDがとても綺麗に見えたという…

スコット・デリクソン監督作 映画「ドクター・ストレンジ」 感想

映画「地球が静止する日」(2008)で有名なスコット・デリクソン監督作のマーベル作品第14作目のドクターストップを字幕版の上映時間が合わなかったので2D吹替版で見てきました。近所の映画館では、吹き替え版と違って字幕版は一日一回でIMAX3Dは無しなのは…

アントワーン・フークア監督作 映画「マグニフィセント・セブン」 感想

映画「マグニフィセント・セブン」は七人の男達が悪者によって苦しめられた村を救うために戦うという話でして、映画「七人の侍」を基にした映画「荒野の七人」のリメイク映画です。どちらも見たことなかったのですが十分楽しめました。見終わったあとに拳銃…

マーティン・スコセッシ監督 映画「沈黙ーサイレンスー」 感想 

マーティン・スコセッシ監督の「沈黙ーサイレンスー」を鑑賞した。遠藤周作の小説「沈黙」を原作とする映画である。過去には1971年に篠田正浩監督により「沈黙SILENCE」として映画化されている。両方とも未鑑賞なのでこの映画のみについて触れたい。 宗教を…

ライムスター宇多丸のレコメンドシアターVol.3in福山駅前シネマモードに行ってきました。上映映画「クリード チャンプを継ぐ男」

福山駅前シネマモードで行われたライムスター宇多丸のレコメンドシアターVol.3に行ってきました。 上映映画は「クリード チャンプを継ぐ男」 まさかの遅刻の宇多丸さん。0時までラジオがあってさらにそこから一時間放課後クラウドの収録があったとなると一体…

傷物語Ⅲ冷血篇 感想

www.kizumonogatari-movie.com 傷物語のアニメが発表されてざっと7年……これでようやく完結した。 面白さで言えばⅢ冷血篇>Ⅰ鉄血篇>Ⅱ熱血篇だろうか。 Ⅱを抜かしてⅠ→Ⅲでも違和感なさそうな気がする。それほどまでにⅡ熱血篇は、なんとも言えない出来だった。…

IMAX版「君の名は。」改めて見ての感想

君の名は。のIMAX版の上映が始まりましたのでさっそく見てきました。 私は君の名は。を通常版とウルティアの二回見ていましたので、このIMAX版で三回目の鑑賞です。 比べるとやはりIMAX版が圧倒的に良いです。ウルティアの特大スクリーンも見に行ったときに…

ドラゴンでメイドのトールが小林さんの家にやってきた。「小林さんちのメイドラゴン」 一話感想

maidragon.jp 今季一番楽しみにしていたTVアニメです。漫画も全巻持ってます。 さすが京アニ絵が綺麗ですね。OPには若干の狂気を感じました。特にトールの角が気管支みたいに広がっていくところとか…… ドアを開けるとそこには巨大なドラゴンが! そしてトー…

東映アニメーション60周年記念作品「ポッピンQ」見てきた感想

劇場アニメ「ポッピンQ」 | 公式サイト 今年初映画は、ポッピンQを見てみました。タイトルのPOP IN Qの意味は、どうやら冒険に立ち寄るという意味らしいです。それと公式サイトを見るとQが時計のように動いているのでQには時を示す時計の意味もあるみたいで…

劇場版艦これの感想

今年はアニメ映画豊作の年ですね。 そんな今年を締め括る作品である劇場版艦これを見てきました。 TV版の酷評からの劇場版でしたので、どんな出来になるかかなり不安でしたが上手くTV版からの巻き返しをしているように思えました。 特に前半部分の夜戦は素晴…

瞬 またたきを見た感想

瞬 またたき [DVD] 出版社/メーカー: SDP 発売日: 2011/01/12 メディア: DVD クリック: 8回 この商品を含むブログ (11件) を見る 黄泉比良坂に、ここがロケ地が使われました!と巨大な看板が立っていたので気になっていた映画瞬がNetflixにあったので見てみ…

着信アリを見た感想

着信アリ 発売日: 2013/11/26 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る 2004年に公開された、映画着信アリをネットフリックスで見ました。 電話が鳴ると、誰かが死ぬ映画というイメージがありましたが、見たことがなかったので見ることにしました…

仄暗い水の底からを見た感想

仄暗い水の底から 発売日: 2013/11/26 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る Huluで2002年に公開された、映画仄暗い水の底からを見ました。 ちなみにアマゾンプライムでも見られるようです。 この映画は「仄暗い水の底から」という水をテーマ…

映画この世界の片隅にを見た感想

「この世界の片隅に」を劇場で見てきました。 舞台は広島市と呉市で戦時中の日常を描いた作品です。 広島県出身なので、方言がどうなっているかが心配でしたが違和感無い方言でした。 町並みもある程度は、現在どうなっているかは知っているので昔はこうだっ…