蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

映画

【映画感想】太陽の下で-真実の北朝鮮ー

太陽の下で -真実の北朝鮮- [DVD] 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 発売日: 2017/06/07 メディア: DVD この商品を含むブログを見る 北朝鮮の日常ドキュメンタリーを撮ると見せかけて、作られた日常を隠し撮りによって映し出したド…

【映画レビュー】メアリと魔女の花 どうして赤毛ロング魔女っ子をもっと出してくれなかったんだ! 

この映画メアリと魔女の花は、ジブリ制作部解体によって、ジブリを退社した人達が集まって作られた会社スタジオポノック第一作です。 なので、予告編からもわかると思いますが作画がほぼジブリです。スタジオポノックではなく、ジブリだと思ってみている人も…

【映画レビュー】「キング・アーサー」 ジュード・ロウ……

SoAからのチャーリー・ハナムのファンなのでSoAが終わってしまったため、しばらく摂取できていないチャーリー・ハナム分を摂取できる映画かと期待して見に行ったが、チャーリー・ハナムよりジュード・ロウのほうが圧倒的に印象に残る映画だった。映画見終わ…

【映画レビュー】「ハクソー・リッジ」 英雄になった衛生兵

一人のアメリカ人青年が衛生兵として英雄になるまでを描いた映画であった。彼は国のために軍に志願する。ただし、信仰の問題で彼は武器を持つことを頑固として拒んだ。そして、彼は人を殺すことではなく、救うことによって英雄になったのである。訓練中の描…

【映画レビュー】「昼顔」 誰の視点に立って見るかで色々と変わる映画

今作を手がけた監督はドラマ版に引き続き西谷弘、脚本は白い巨塔で知られる井上由美子という実力派の二人である。私はドラマ版はまだ未見だが、あらすじを読むだけでも今作を楽しむことができた。この映画は、二度と出会ってはいけない二人がもう一度出会っ…

【映画レビュー】「ローガン」 ありがとう! ヒュー・ジャックマン さようなら、ローガン

ジョニー・キャッシュがカバーするhurtが流れるローガンの予告編を見たときに、これは絶対に面白い映画だな、と思った事を覚えている。晩年のジョニー・キャッシュと老いたローガンが重なって見えてしまったのだ。実際、今年見た映画の中でもトップクラスの…

【映画レビュー】あの日、侍がいたグラウンド

野球中継では見えない選手の顔 WBC日本代表に密着したドキュメンタリー「あの日、侍がいたグラウンド」が一週間限定公開されているということでバルト11に見に行った。 優勝していれば上映期間をもっと長く取り、大々的に宣伝もしたのだろうが、敗退してしま…

試写会に行ってみた。

昼顔、ハクソーリッジと立て続けに運よく試写会が当たった。 昼顔は神保町で、ハクソーリッジは有楽町であった。 神保町の古本街を初めて見たが、この世にこんな場所があるなんてと感動したものである。もう少し早めにきて古本を見てまわれば良かったと後悔…

映画「メッセージ」感想

謎の巨大飛行体の形が、ばかうけに似ていることから、ついにばけうけとのコラボまでしてしまった映画「メッセージ」を見てきました。 原作未読でも大丈夫だろうか? とビクビクして見てきましたが、大丈夫でした。 逆に、原作未読のほうが楽しめる映画だと思…

映画「ドント・ブリーズ」 感想

ドント・ブリーズ [Blu-ray] 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 発売日: 2017/03/22 メディア: Blu-ray この商品を含むブログを見る 現代はそのまま「Don't Breathe」。 息を潜めろ、というような意味だろうか。 そのタイトルにふさ…

映画「オリヲン座からの招待状」感想

オリヲン座からの招待状 [DVD] 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 発売日: 2008/04/21 メディア: DVD クリック: 60回 この商品を含むブログ (52件) を見る 浅田次郎先生の短編集「鉄道員」におさめられている短編の一つ「オリヲン座からの招待状」…

映画「鉄道員」感想

鉄道員(ぽっぽや) [Blu-ray] 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 発売日: 2015/04/08 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (2件) を見る 鉄道員(ぽっぽや) [DVD] 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 発売日: 2014/10/10 メディア: DVD…

映画「地下鉄に乗って」 感想

地下鉄(メトロ)に乗って 発売日: 2013/11/26 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る 映画地下鉄に乗ってを久しぶりに見た。 そういえば軽部みち子役で出演されていた岡本綾さんは、今一体どうしているのだろうと思って調べてみたらどうやら引…

映画「夜は短し歩けよ乙女」 感想

バルト11までバイクを走らせて、夜は短し歩けよ乙女を見てきました。 来場者特典はその2になっていました。その1は何だったのだろう? 原作未読でも楽しんでみることができました。こういう映画は逆に原作を見ていないほうが楽しめるかもしれません。原作で…

広島バルト11 ポップコーン塩L

ポップコーン塩L 500円 大きさはコロナやエーガル8とほぼ同じぐらい。 味は、コロナなエーガル8と似たような感じの塩バター。 微妙に味が違うような気もするけれども、これはポップコーンの乾燥具合で味が変わっているように思える。湿気の多い日本では一瞬…

映画「グレートウォール」 感想

予告編を見たときには「なんだこの面白くなさそうな馬鹿映画」なんて思っていたのだが、券をもらえたこともあり見に行った。あの予告編を見て本格中国時代物みたいなものを想像する人は居ないと思うのだが一定数どうやらいるらしい。 そして見てきた一番の感…

コロナシネマ ポップコーン 塩L

コロナのポップコーン塩Lである。五五〇円、いつの間にか五〇円値上げされていた。 それでも下関の量と値段を思えばなんてことないように思えてしまう。 黄色い調味料の色が目立つ。まさに映画館のポップコーンといったふうである。 当然、味もそんな感じで…

「ムーンライト」 感想 

これほど自らの映画読解力の無さを悔やんだ映画はない。まず予告編の時点でいまいちどのような映画なのかが理解することが難しい。 この映画の映像は、このポスターのように美しかった。 内容は、ムーンライトというタイトルの通りにもの凄く淡く描かれてい…

映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」 感想

本日、最新アニメ制作決定も発表された攻殻機動隊の実写映画化作品「ゴースト・イン・ザ・シェル」を早速見てました。 次のアニメでは漫画のほうの少佐が見てみないかな。 それは置いといて、吹き替えの声優陣がアニメと同じ事もあり、これは吹き替えで見な…

福山エーガル8シネマズ 塩ポップコーンL

福山エーガル8シネマズの塩ポップコーンLです。まさにLって感じの量です。やっぱりこれぐらいないとね。料金は五百円です。 黄色い調味料がかけられているパターンの塩ポップコーンです。 実質、こういうポップコーンは塩バターなんじゃないかな? なんだか…

劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール 感想

ポケモンGOみたいなゲームをやる話ということを聞いて、この映画を見るためにアニメ一期と二期を急いで見ました。そしてだいたいの話を把握した所でこの映画を見に行ったというわけです。 最初のほうは未来のARゲーがあるとするならば、こういうものなのか!…

ハードコア 感想 FPSゲーマー必見!

FPS視点のみで進行される映画、ハードコアを見てきました。 FPSゲームに爽快感やシステムなどを求めるのと同じように、ストーリーはおまけみたいなもので映画でFPS視点を楽しむ映画でした。 なので、クローバーフィールドもびっくりなほどに酔いそうになりま…

イオンシネマ 防府 ポップコーン塩・バターかけL

イオンシネマならどこも同じかもしれないがシオンシネマ防府のポップコーン塩・バターかけLである。 溢れ防止なのか最初から袋に入れてくれる。 Lというからには、やはりこれぐらい量がないとLという感じがしない。 塩バターならともかく、バターかけという…

CinemaSunshine ポップコーン塩L

せっかくあちこちの映画館に行っているのだから、とポップコーンをまとめていく。 映画館は上映料金よりもこういう飲食で成り立っていると聞くのでできるだけ何かしらを買うようにしている。 何か飲むとトイレに行きたくなるので基本的にポップコーンかフラ…

キングコング: 髑髏島の巨神 レビュー ネタバレ注意

wwws.warnerbros.co.jp モンスターバース第二作キングコングをさっそく見てきました。第一作目のGodzillaが微妙だったのであまり期待をしていませんでしたが、そんな期待とは裏腹にとんでもなく面白い映画でした。あのGodzillaの面白くない所は米軍が自身の…

パッセンジャー 感想 ネタバレ注意

登場する出演者がクリス・プラットとジェニファー・ローレンス、その他二人という映画パッセンジャー。 植民地星に向かう宇宙船の乗客で人工冬眠していた主人公が、とある理由で90年ほど早く目覚めてしまう話である。 すなわち、宇宙船の中で寿命が尽きるこ…

「SING/シング」 レビュー

sing-movie.jp 現在劇場は、モアナVSシングという状態です。地味にまだ「君の名は。」が上映していることに驚き。 素直にどっちが面白いかというとモアナのほうが面白いと思いました。 同じ動物が出てくるアニメというと、ズートピアをどうしてもまず思い浮…

モアナと伝説の海 同時上映 インナー・ワーキング レビュー

www.disney.co.jp 地方では吹き替えのみで字幕の放映がないので吹き替えで見ました。 南洋神話を思わせるファンタジー映画です。 神々がまだ人と共にあった頃のお話です。 まず、エンドクレジット後にも映像があるので帰らないように。 いつもより席を立って…

神山健治監督「ひるね姫~知らないワタシの物語~」 レビュー ややネタバレ注意

岡山県倉敷市児島に住む母を亡くした父親と二人暮らしの女子高生が主人公の、2020年東京五輪開催年を舞台にした、ちょっと未来のお話です。 素直に良かったよ! と言って人に勧めることができるかというと微妙な作品でした。かと言って、ものすごい悪い訳で…

福山映画祭 福山駅前シネマモード 2017年3月12日 「宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち 第一章嚆矢編」 羽原信義監督 舞台挨拶

「宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち 第一章嚆矢編」を羽原信義監督の舞台挨拶付きで見られる、ということで見に行ってきました。 映画館につくと、普段ではあまり見ることのないぐらいの人だかりができていました。 どうやらみんな私と同じく宇宙戦艦ヤマトを…