読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

HybridW-Zero3と帰宅難民の思い出

今週のお題

特別お題「おもいでのケータイ」

 

明日で2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震から丸6年が経過する。前の夜に東京大空襲のことをテレビでやっていたことを覚えている。

あの時の私は、今は亡きWillcomのHybridW-Zero3を使っていた。PHS回線と3G回線の両方を使用することができるPDAフォンだった。スマートフォンという言葉よりもPDAフォンという言葉のほうがあのケータイには似合っていると思う。

あの日私は、東京駅の地下で新幹線待ちをしていた。新幹線の通過のような地鳴りの音が遠くから響いてきた。東京駅だから新幹線の通過なんてないはずだと思った瞬間に揺れが始まっていた。地下にいたおかげか地上に居た人たちより揺れが少なかったことを後で知った。それもあって体感震度は4または5弱程度だった。そのため発生直後は大した地震だとは思っていなかった。

f:id:BingoAkikaze:20170310201602j:plain

この映像が夕方のニュースに流れる程度の地震だと思っていた。

地下なのでワンセグもすぐには見ることができなかった。それから時間が立つにつれどうも様子がおかしいことに気付いた。地下街の店もシャッターを下ろし始めたのだ。そして椅子を見つけて、HybridW-zero3で2ch地震板を覗きにいくとそこにはまるで映画を実況しているかのようなことが書いてあったことに衝撃をうけた。大津波によって街が流されているというのだ。

そこで初めて私はこの地震がとんでもないものであったということに気付いた。

それからSkypeで友達と連絡を取り合った。

回りの人が公衆電話を探しているのを見た記憶があるから携帯は通じなかったのだと思う。それを思えばSkypeは頼り強かった。そのSkypeもLINEに取って代わられてしまった。あの時にはTwitterもやっていたが、今ほどフォローしている人も多くはなくあまり役に立たなかったのかTwitterを見た記憶がない。(登録日を調べてみると2010年11月17日だった)

あの日あの時ほどHybridW-zero3を頼りに思ったことはなかった。

 

sponsored by KDDI

浅田次郎「プリズンホテル 1 夏」 奥湯元あじさいホテルへ 

 

プリズンホテル〈1〉夏 (集英社文庫)

プリズンホテル〈1〉夏 (集英社文庫)

 

 久しぶりに奥湯元あじさいホテルを訪れた。

タクシーの運転手もいい加減なれたようだがプリズンホテルとの言い方を改める気はないようだ。

ホテルのみんなは何も変わっていなかった。

偏屈な小説家木戸先生も、木戸会長も、支配人も、シェフと板長も、大曽根組一同も昔のままの姿でそこにいた。

私だけが前訪れた時と変わってしまっていた。

歳を重ねるごとにこのホテルの良さを改めて感じる。

全壊最後に訪れた時にはバイクにも乗っていなかったから伝説の名車KawasakiW1を見ても何も思わなかったことに恥ずかしさを感じる。

これほど心安まるホテルは、日本中どこを探してもないであろう。

だから私は時々このホテルに泊まりに行くのだ。

 

このプリズンホテルに登場する小説家木戸孝之助の名前の由来は、浅田次郎先生が没を食らっていた時代に使っていたペンネームだそうだ。

ちなみに浅田次郎ペンネームの由来は没原稿の主人公の名前から取ったという。

 

 

節分の豆まきについて

その他・エッセイ

散歩をしていると、とある家の前の道に豆が落ちているのを見つけた。
都会でそんなことをすると迷惑になり難しいのかもしれないが、そこまで大量に落ちていたわけではなく、私の住む田舎ではそれぐらいなんてことない。すぐに鳥の餌になるに違いない。
それを見て今日は節分だった、と思い出した。
「鬼は外! 福は内!」
そう言いながらその家の子ども達が豆を撒いたのが思い浮かぶ。
そこでこの鬼とはなんだろう? と疑問に思った。節分の季節に見かける鬼達は赤くシマシマのパンツを履いた鬼たちが多い。しかし彼らは生まれたくて鬼に生まれたのではないのである。桃太郎が退治に行き、哀れにも討伐された鬼達もこのタイプの鬼である。
般若の面も鬼であろう。嫉妬や恨みで女性が鬼になった姿をあらわしているのがこのお面である。女性の嫉妬や恨みほど恐ろしいものはない。
そのように真に恐ろしい鬼は私たち人々の中に潜む鬼なのであろうと思う。そんな鬼たちが表に出てきた時に様々な悲劇は起きてしまうのだ。
「鬼は外!」
その言葉で私たちの中に潜む鬼たちが出て行くような存在であれば、どれほどよいものなのだろうか。

卒業式について

その他・エッセイ

f:id:BingoAkikaze:20170308221703j:plain

画像は車窓から過ぎ去っていく景色と過ぎ去りし学生時代を重ねました。

卒業の季節です。
卒業式の思い出というのは誰にでもあると思う。
小学校、中学校、高校、大学、記憶に残っているのはどの卒業式であろうか?
卒業は別れでもあり新たな始まりでもある。
しかし私は卒業したにも拘わらず今でも高校時代の夢を見るのである。
小学校、中学校、大学の夢はあまりみないのに、なぜか高校時代の夢を繰り返しみるのです。もはやそれは悪夢の領域であると思う。
テスト返却、朝起きて学校に着くまで、授業中、学校生活に関する様々な場面の夢なのです。そして目覚めると思うのです。もうあの校舎には行かなくて良いのだと。
宿題もない。あの先生たちに会うこともない。苦手な英語のテストも無い。
それはなんだか悪夢から覚めたようにうれしくもあり、そして寂しさも覚える。
私はもしかすると、卒業式を終えた後も高校を卒業できていないのかもしれない。
それとも高校時代というものはそれだけ記憶に残るものなのだろうか。
はたしてどちらが正解なのだろう?
私に、今言えることは夢の中ではなく現実に現在、学校に通っている人たちに悔いのないような学生生活を送ろう! ということである。
良い学生生活だった。これから新しい所で頑張っていこう。そう全国の卒業生たちが思える卒業式が全国で行われることを祈るばかりだ。

本州四国連絡道への想いについて

その他・エッセイ

f:id:BingoAkikaze:20170308221040j:plain

昨日、尾道から四国の今治まで架かっている愛称しまなみ海道を、やや久しぶりに四国まで渡ってきました。この橋には瀬戸内海大橋という忘れ去られた正式名称もあるそうです。
土曜日ということもあり、瀬戸内海を望むことのできるPAには多くの人が集まっていました。
綺麗な瀬戸内海も良いのですが、見張るべきはこの本州と四国をつなぐ橋そのものであろうと思います。
四輪車で通る時にはなんとも思わないのですが、二輪車で通ると橋の巨大さに圧倒されてしまいます。よくもまあ、こんな巨大な橋を小さな人間が作れたものだと感心するばかりです。その巨大な橋を見て、ふと、ある事故を思い出しました。
さて、このしまなみ海道から東へ約70km進んだ所には本州と四国を最初に繋いだ橋である瀬戸大橋が架かっています。この本州四国連絡道の整備には海難事故の発生が原動力になったといいます。
その事故の内でもっとも有名な海難事故には紫雲丸事故があります。この紫雲丸事故は千名以上が命を落とした洞爺丸事故の翌年に発生しました。この洞爺丸事故によってまるで夢のようであった青函トンネルが実現に向かって動き始めたそうです。
本州と四国と結ぶ航路で戦後に発生した事故には紫雲丸事故の他「第十東予丸沈没事故」「第五北川丸沈没事故」「せきれい丸沈没事故」があります。いずれも多くの人が命を落とした事故です。
その中で紫雲丸事故が特に印象に残っていた理由は、紫雲丸に修学旅行中の小学生が乗船していたことです。この話を聞いたのは、たしか小学生の時に担任の先生が話してくれた時のことだったと思います。
同じ小学生ということだけあって特に記憶に刻まれたのかもしれません。これからまだ未来があると思っていた小学生の時ですから、そんな未来が断ち切られるということに衝撃を受けたのです。
人が命を落とさなければ何事も前に進まないということに憤りを感じます。またこれらの事故は人災の要素が大きいものであったと聞きます。そのような事故は現在でも、いまだに発生しています。

2014年に発生した韓国のフェリーが転覆し沈没した事故が記憶に新しいと思います。

あの事故でも修学旅行生の命が失われました。
この巨大な橋も完成したから終わりというものではなく、維持管理をする人たちがいて安全に渡ることのできるものです。その働く人たちへの感謝の気持ちを忘れないように橋をこれからも利用していきたいです。

デミアン・チャゼル監督作 映画「ラ・ラ・ランド」 感想 夢を追いかけて

映画

gaga.ne.jp

映画「セッション」で有名なデミアン・チェゼル監督の「ラ・ラ・ランド」IMAX版で見てきました。

アカデミー賞効果なのか平日にもかかわらず人が多かったです。

音楽が重要な位置を占めるこういう映画は是非IMAXで見るべきだと思います。

「ラ・ラ・ランド」というタイトルの意味は、酒や薬でボヤッとした意識という米の俗語とハリウッドのあるロサンゼルスを意味するLAをかけたものらしいです。

「セッション」のように分かりたくない世界の向こうを求めるような話なのかと警戒して見に行きましたが、そんなことはありませんでした。

なのでJ・K・シモンズが出てきた時には、まさか! ジャズについて延々と殴り合うのか! と警戒してしまいました。

どんな話かと言うと、女優になりたい人と、古き良きジャズが聞ける店を開きたい人が夢を追いかける素敵な話でした。

その夢を実現できる人がほんのわずかだとしても、その夢に向かって諦めない姿勢というものは見習いたいです。

なんだか勇気が沸いてくるような映画でもありました。

泣ける部分は、最後の走馬灯がまじで泣けます。

演技面は、特にエマ・ストーンの目がよかったですね。

あのギョロッとした感じの目が印象に残りました。

ミュージカル風味な映画はなんだか苦手なのですが、嫌悪感なく見ることができました。

そして家に帰って、さっそくサウンドトラック買いました。

話題の映画だと逆に見たくないような人もいるかもしれませんが、悪い映画じゃないので是非!

今週のお題「カラオケの十八番」

今週のお題

今週のお題「カラオケの十八番」

とんでもない音痴である上に選曲があれなので大勢でわいわいするようなカラオケにはまず呼ばれることがないのが私である。

ついに昨年、一人カラオケなるものを覚えたのでそのことに拍車がかかった。

軍歌を聞いて育ったようなものなので軍歌が得意である。

その軍歌の中では、「如何に強風」が好みなのであるが、まずカラオケには入っていない。

そうなるとカラオケに入っている数少ない軍歌のなかから探し出して歌うことになる。かならず入っている曲のなかでは、「愛馬進軍歌」が良い歌だと思う。

この「愛馬進軍歌」は兵と馬の絆を歌った歌であるテンポの良い曲調であることから当時から全国で愛されていた曲であるそうだ。

馬は人間と古来より共に戦ってきた動物でもある。

そんな馬との絆を歌った曲であるから歌詞を見るとウルッとくる。

特に四番が個人的には一番泣ける歌詞であると思う。

さすがに現代では馬が積極的に戦争に使われることはなくなった。

馬は賢い動物であるから、人間をみてこいつらまだ戦ってやがるよ、と思っているのかもしれない。

f:id:BingoAkikaze:20170307215029j:plain

靖国神社戦没馬慰霊碑

 

 

葉佐池古墳&松山市考古館

旅行・場所紹介

f:id:BingoAkikaze:20170306204739j:plain

愛媛県松山市にある葉佐池古墳に行ってきました。

まるで完成当時はこうだったのだろうと思わせるほどに綺麗に整備されています。

葉佐池古墳は、1992年に古墳の天井石が崩落したことによって偶然発掘された古墳です。この古墳の注目するべき点は、未盗掘であり保存状態が極めてよかったことです。

また、この古墳によって遺体が「もがり」を経て埋葬されたことが明らかになりました。

下にその復元された遺体があるので苦手な人は注意してね。

f:id:BingoAkikaze:20170306204742j:plain

この地域には須恵器を作る集団が住んでいたらしく古墳が密集しています。

f:id:BingoAkikaze:20170306205657j:plain

資料館が併設されています。無料です。

f:id:BingoAkikaze:20170306204746j:plain

土・日・祝のみの開放です。連絡すれば平日も見学が可能みたいです。

f:id:BingoAkikaze:20170306205555j:plain

古墳の上に登ることが可能です。

f:id:BingoAkikaze:20170306211357j:plain

平成23年2月なのでまだ新しいですね。

f:id:BingoAkikaze:20170306205749j:plain

上にどんどん登っていくと

f:id:BingoAkikaze:20170306205950j:plain

一号石室を見学することができます。

f:id:BingoAkikaze:20170306210010j:plain

配置図です。

f:id:BingoAkikaze:20170306210129j:plain

ドアを開けるとこんな感じに石室が口を開いています。

f:id:BingoAkikaze:20170306210227j:plain

覗くと三体の復元された遺体が安置されています。

やりすぎなんじゃないかと思うぐらい気合いを入れた復元です。

髪まであるあたりがものすごく生々しい。

もがりが明らかになった理由にあるハエの蛹もしっかりと復元してあります。

f:id:BingoAkikaze:20170306210538j:plain

馬も埋葬されていたそうです。

f:id:BingoAkikaze:20170306211559j:plain

パンフレットの裏に松山市考古館の案内が書いてあったので、そちらにも行ってみました。

googleMAP神の導きによってとんでもなく細い道を案内されましたが、例のごとくそんな道通らなくてもいけたようです。

観覧料100円とかなり良心的な料金でした。

松山市は四国の市町村の中でも縄文~古墳にかけての遺跡が多い地域のようで100円とは思えないほどの充実した展示でした。

葉佐池古墳についての展示もあります。

f:id:BingoAkikaze:20170306212106j:plain

宮前川遺跡のご神木

宮前川の河川改修工事に伴う発掘調査によって発見されたクスノキの根だそうです。

この木を取り囲むように勾玉や土器が出土したので、この木を囲んでマツリを行ったのではないか、ということのようです。

そんな貴重そうな木をこんな外に置いていて良いのだろうか……

f:id:BingoAkikaze:20170306212112j:plain

土壇原古墳群の箱式石棺。

田畑の開墾や運動公園の整備で姿を失った古墳のものらしいです。

 

 

 

小林さんちのメイドラゴン 8話 感想

アニメ

カンアの遠足用弁当をどちらかが作るかで喧嘩する所から始まった8話でした。

三番勝負で決めることになり、一試合目は弁当ということを忘れた量を作ったトールの敗北。

たしかにあの小さな弁当箱になにをどう詰めるのか、というのは難しい。

二試合目派、ベーコンエッグよりハンバーグのほうが良いということで小林さんの敗北。弁当にハンバーグ入れると冷えておいしくないと思うのだけどなぁ……。

三試合目は、異世界のわけのわからんおやつを持ってきたトールの反則負け。

あのおやつが小林さんへのトールの思いなんでしょうね。

そして8話にしてやっとエルマの登場。

クリームパンに負けて退散するエルマには笑ってしまいました。ドラゴンでも空腹には勝てません。

匂いで誰かとあったことがわかるとはトール恐ろしい。このシーンのトールはかわいすぎます。

隙あらば尻尾の肉を食べさせようとするトール……。

漫画だとチョコに薬混ぜてましたが、アニメだと尻尾にそういう効果がアルっぽいですね。

嫌われる勇気 8話 感想

ドラマ

いきなり六五という数字から始まった第八話でした。

今回の鑑識物語は、鑑識さんは45歳でベンチにも入れずスタンドで応援していた高校球児だということが判明する話でした。

アドラー要素は、注目喚起と今を生きるべきだという話でした。

手っ取り早く他者から注目されようとする人は悪いことをする。なるほど。たしかに注目はされます。人が炎上芸に走る原因でもあったり? そうならないようにするためには普通であることの勇気が必要だそうです。

「金メダルを取れなかった人、特別な存在になれなかった人の人生は失敗ですか? 特別であることを目指す生き方は金メダル以外を認めない考え方」

過去と未来に生きるべきではなく、今ここが充実する生き方をすると良い。

過去と未来は悩んだってどうにもできないものであるから、今を生きましょうということですね。

「助けてくれ!」、と警察に助けを求めた前畑さんがあっさり死んでしまったのは何だかなぁ……

安藤さんの父親は、神奈川県警の刑事部長で現在も失踪中のようです。その原因には娘を誘拐した犯人が関わっているそうです。

指紋を転写する方法に写真を使ったのはちょっと前に話題になった時事ネタですね。さっそくドラマでこう使ってくるとは思いませんでした。

そして今回の話に出てきた数字は上杉暗号というのが最後に判明しました。

数字について聞かれた時に椎名桔平は知らないと言っていたのでそれが嘘だったのか、それとも思い出したのか……前者ぽい気がどうもします。

OPの椎名桔平が持ってる拳銃の銃口の向いてる方向的にも不穏な感じがしていたのですが、やっぱり黒っぽいですね。

そして青年は指されましたが自分の血を見て「なんじゃこりゃー」、とはさすがに言いませんでしたね。物語が終わりへと進んでいるのを感じます。