読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

坂木司「シンデレラ・ティース」感想

 

シンデレラ・ティース (光文社文庫)

シンデレラ・ティース (光文社文庫)

 

歯科医院を舞台にしたお仕事系謎解き小説。

ほとんどの歯医者という場所には、良い思い出というものがまずないと思う。

なぜならだいたい歯が痛い時に行く上に治療もかなり痛い。

歯の神経を抜くほどの大虫歯をしたとき、親知らずを抜いたとき、というのが一番痛かった思い出である。特に神経抜いた時が一番痛かった。そのとき通った歯医者というのが待たなくても良いけれども老院長で昔気質な先生だったので死ぬかと思った記憶が残っている。親知らずは、左側2本は抜いたけれどもあまりにも痛かったので右2本は抜かずに残してある。いつか抜かないといけないのだが、その決心は未だつかないでいる。多分抜いたら、もう歳だからうまく穴が埋まらないんじゃないかと思う。親知らずを抜く必要がある人はお早めに。

この小説もそんな歯医者の記憶のせいで歯医者嫌いになった女子大生が主人公である。

歯科治療恐怖症というのは医学書にも載っている病気らしい。それほどまでに歯科治療によって恐怖を刻み込まれる人は多いのだろう。削ってばっかりの歯科治療が引き起こした問題であろう。歯科治療の発展を祈る。歯そのものよりも歯肉のほうに問題がある人が目立つ気がするのは歳を取ったということなのだろうか。小中学校の集団歯科検診が懐かしく思えていく。あのときに戻って歯は大切だぞ、元に戻らないんだぞ、と当時の自分に伝えてやりたいぐらいだ。

歯科医院ならではの謎と、その解決方法に感心するばかりであった。

そしてよくこんな話を思いつくものだとプロの力量を思い知ったのである。

ただ実際に歯科医療に従事している人から見ると物足りないらしい。

歯医者にかかるだけの私のような一般人から見るとどこがそうなのか、まったくわからなかったので多くの人にとっては楽しく読むことができると思う。

 

 

防府天満宮 青梅ソフトクリーム

飲食 旅行・場所紹介

f:id:BingoAkikaze:20170328233541j:plain

防府天満宮にある売店の青梅ソフトクリームである。

青梅ソフトクリームとは珍しい。

天神様は梅を愛していたことに関連して青梅ソフトクリームということであろう。

問題の味だが、青梅かと言われるとほんのり青梅かな? と言った感じの薄い味だった。ソフトクリーム本来の味のほうが強い。

花粉症で鼻が詰まっていたことも原因かもしれないが……。

f:id:BingoAkikaze:20170328233532j:plain

f:id:BingoAkikaze:20170328233546j:plain

イオンシネマ 防府 ポップコーン塩・バターかけL

映画 飲食

f:id:BingoAkikaze:20170327213150j:plain

イオンシネマならどこも同じかもしれないがシオンシネマ防府のポップコーン塩・バターかけLである。

溢れ防止なのか最初から袋に入れてくれる。

Lというからには、やはりこれぐらい量がないとLという感じがしない。

塩バターならともかく、バターかけという所が気になっていたのだが、後ろに溶かしたバターが用意してありシロップのようにポップコーンにかけるということらしい。

なかなか美味しかった。イオンシネマにまた行くことがあれば、ただの塩ではなくこちらを食べようと思う。塩のみだとやや薄いように感じたので、これぐらいがちょうど良いかな?

f:id:BingoAkikaze:20170327213155j:plain

わかりにくいがバターかかってます。

CinemaSunshine ポップコーン塩L

映画 飲食

f:id:BingoAkikaze:20170326205242j:plain

せっかくあちこちの映画館に行っているのだから、とポップコーンをまとめていく。

映画館は上映料金よりもこういう飲食で成り立っていると聞くのでできるだけ何かしらを買うようにしている。

何か飲むとトイレに行きたくなるので基本的にポップコーンかフライドポテトのみ。

まず下関駅近くにあるシネマサンシャインから。

ポップコーンLにしてはかなり小さかった。

700円という金額も今の所最高額だと思う。

味は普通に塩をかけた素朴な味だった。

f:id:BingoAkikaze:20170326205239j:plain

f:id:BingoAkikaze:20170326205216j:plain

キングコング: 髑髏島の巨神 レビュー ネタバレ注意

映画

wwws.warnerbros.co.jp

 

モンスターバース第二作キングコングをさっそく見てきました。第一作目のGodzillaが微妙だったのであまり期待をしていませんでしたが、そんな期待とは裏腹にとんでもなく面白い映画でした。あのGodzillaの面白くない所は米軍が自身の尻拭いをすることだけに終始した上におっさんのようなゴジラが最後のほうにノシノシやってきてムートーさんを瞬殺して帰って行ったというのが渋すぎた所にあると思います。個人的にはブライアン・クランストンがすぐ退場したのがいただけなかった。なんであんなしょうもない殺し方をしたのかが謎である。あのHeisenbergがそんなことで死ぬわけないだろう!

なので先にGodzillaを見ているとほんのちょっぴりより楽しめます。

予習のために複数作見る必要のあるアベンジャーズと違いこちらはまだ二作目なので良心的です。

この後の予定は三作目Godzilla2四作目King KongVSGodzillaということらしいです。ただパシフィックリム2やら今度公開されるグレートウォールにもクロスオーバーしそうな雰囲気です。謎の中国人女優が、特に意味もなく登場しているのが伏線だったりして……。こちらでは本当に何もしませんがグレートウォールでは甲冑着ているしさすがに活躍するのではないかと思います。

このキングコングは、冒頭からしっかり登場してそこから最後までしっかりと暴れてくれるのが好印象でした。キングコングだけではなく、そのた怪獣達も終始スクリーン上で暴れ回ってくれました。

映画の雰囲気としては地獄の黙示録ジュラシックパークゴジラキングコングといった感じ。

キングコングゴジラ側にすり寄った形なのか、コングは巨大化しています。これでも成長期という台詞があったから、これからまだまだでかくなのか……。これ以上でかくなると摩天楼に登るのはもう無理だね。

このコングさんは銃弾が効かないわけではないので、ゴジラVSキングコングのタイトルを真に受けてそのまま戦わせたとしたらムートーさんを瞬殺するぐらいなのだからゴジラの圧勝で終わってしまいそう。どういう話になるのか期待。

WW2でこの島に不時着した米兵と日本兵の話やベトナムからの米軍の撤兵が決まり失った部下達に対する無念をどこに向けていいのかわからなくなった大佐とその部下達も十分魅力的でした。個人的にはAK持ってる兵隊が格好良かった。

MIYAVIさん演じる日本兵はやっぱり似合ってない。ブロークンアローではネチネチ捕虜をいじめていたそうだが、こちらでは仲良くやったらしい。

なぜか銃がモーゼル特攻機やら蓮見大佐じゃあるまいし軍刀を持ち込んでいたりするのは気にしてはいけない。

銃マニアじゃないので詳しくはしらないが大佐の拳銃もこだわりの一品らしい。詳しい人は注目して見てください。

地獄の黙示録風味の冒頭のヘリシーンはとてつもなく格好良かった。向かう相手がベトコンではなく島なのが悔やまれる。

嵐に突入するのが最近の映画のはやりなのだろうか? マッドマックス4やモアナそしてこのキングコングでも嵐への突撃を敢行していた。映像が映えるから使いやすいのかもしれない。嵐の向こうに島があるというのはラピュタを思い出した。お父さん髑髏島は本当にあったんだ! お父さんは嘘つきじゃなかった!(ヘリに飛んでくる木)。現代ではなく、ベトナムで戦争をしていた頃の人工衛星を人類が飛ばせるようになって地球の表面には秘密がなくなったあたりの時代というのはうまいと思いました。

妙に火炎が上がるシーンが多いのもベトナムといえばナパームの香りだろうという理由があるに違いありません。サングラスに移る火炎とか最高でしたね。

髑髏島も未開の島といった雰囲気が存分に表現されていました。

わけのわからない生物しか居ない島でそこでは人間は最弱の存在というわけです。これは予告にあったかな?

彼らに捕まって怪獣の生け贄にされるのかと思いましたが、謎の原住民達も雰囲気作り要因の一環のようでした。

コングが女性に優しいのは恒例ですよね。キングコングはどうもラブロマンス的な要素が入ってた気がしますが怪獣プロレスに寄った分その部分が希薄になってしまったのでキングコングのそんな所が好きだった人には楽しめないかもしれません。

エンドクレジット後には当然のように映像が入っているので席を立たないように!

公開当日というだけあって映画館はほぼ満員でした。帰っている人が目立ちましたが、あれは何なのだろう? こういうシリーズは絶対最後に映像あるのになあ、と思いました。

怪獣がこれでもかというぐらい戦う映画が見たい人には是非おすすめの映画です。

 

 

 

 

 

パッセンジャー 感想 ネタバレ注意

映画

f:id:BingoAkikaze:20170324201217j:plain

登場する出演者がクリス・プラットジェニファー・ローレンス、その他二人という映画パッセンジャー

植民地星に向かう宇宙船の乗客で人工冬眠していた主人公が、とある理由で90年ほど早く目覚めてしまう話である。

すなわち、宇宙船の中で寿命が尽きることが確実になったというわけである。

実際には絶対に体験したくない嫌なシチュエーションである。火星に一人残されるのも十分嫌だがこちらは失敗したら即、死に至るのでまだましかもしれない。

予告映像の時点でだいぶネタバレされているので、あまり驚きはなかった。

まず宇宙船と宇宙の映像はとても美しかった。内装が人類が植民地星に向かうことができるほどの未来にしては、今と対して変わらないとかは思わなくはないが気にならなかった。池の鯉に餌をあげる感じで掃除ロボットにシリアル?を投げるシーンは笑ってしまった。バーのアンドロイドと掃除ロボットしか相手をしてくれるものがいない孤独は想像もできない。

映画と本で時間をむなしく過ごすと手もあるだろうが新作が入ってこないのだから絶対に飽きてしまう。それに主人公はそういうものを楽しめない設定のようだ。何のエンジニアかわからないが、そのエンジニア設定が影響しているのだと思う。ゲームのスコアの画面が、全部主人公の名前で埋まっているシーンには感極まるものがあった。

あまりにも寂しいので主人公は気に入った女性を一人起こしてしまうわけだ。

人工冬眠から起こしてしまうと、その人も自動的に宇宙船の中で寿命を全うすることになるので大変重い決断である。しかし主人公はあまりの孤独さにそれをやってしまうことになる。

起こせるのならエンジニア全員起こしてクルー室にどうやって入るか考えるすべもあったような気もしてしまうが、この映画は火星の人みたいに目の前の問題にどう立ち向かうかがテーマではないように感じた。そういう映画なら間違いなく役立ちそうな連中を全員起こしているに違いあるまい。

そうせずに美女と広大な宇宙船の中で二人っきりという話にしたのには恋愛系の話にしたかったからだと思う。

いつ冬眠ポッドの故障ではなく、かってに主人公が起こしたというのがバレてしまうのかとハラハラドキドキしながら途中から見ることになる。そしてやっぱりバレてしまうのだ。当然のことだがとんでもなく怒る。そのときのジェニファー・ローレンスの表情が必見。ジェニファー・ローレンスの演技は、やはり上手い。クリス・プラット一人だけでは限界であろう所から登場するので、その演技の素晴らしさに目を奪われてしまうのだ。

ただ思う所は、120年航海する予定にしては宇宙船脆すぎやしないか、まさか「想定外」ってことはなかろうに。あれだけ脆いとポットの中の乗客、絶対何人かポットの中で死んでそうに思える。

植民地星への移住の難しさというものを痛感する。

月にも住めない人類が、他星系の惑星に移住する日は果たして来るのだろうか……。

そんなことは置いておいて、もう少し彼らの生活を見たかったが、最後のシーンはそれまでの生活を想像させる余地のある終わり方で良かった。

 

 

 

「SING/シング」 レビュー

映画

sing-movie.jp

 

現在劇場は、モアナVSシングという状態です。地味にまだ「君の名は。」が上映していることに驚き。

素直にどっちが面白いかというとモアナのほうが面白いと思いました。

同じ動物が出てくるアニメというと、ズートピアをどうしてもまず思い浮かびますが、あちらと違い動物である意味を見いだせませんでした。ケモノ分は少なく、もふもふしてることを生かして車を洗車したり、長い鼻が役だったりするぐらいです。そのまま人間にキャラ変えたとしても、そのまま通用するわかりやすいストーリーでした。

かわいらしい動物たちがうたっている姿を見たい、というだけなら問題ないですがズートピアのようなものを求めると期待外れになります。

おそらく低年齢層狙いということだと思います。

子ども連れで一緒に見ることができる映画という位置づけでしょう。

なので、ほぼ人間と変わらない動物たちなので知識がなくても楽しむことができます。

字幕の放映がなかったので、これも吹き替えで見ました。

キャラソンじゃないので坂本真綾が歌います。

主婦の豚さん役です。この豚さん手先の器用さと発想力がすごすぎます。

全自動育児マシンを一晩で作り上げるとは恐ろしい。

そしてMISIAボイスの象がかわいらしい。

コアラに次ぐ主人公キャラかも。

使われているの曲を知っていれば、声優や歌手のカラオケ大会のようなノリで楽しめるのかもしれませんが聞いたことはあるけれども知らない曲が多かったので微妙でした。きゃりーぱみゅぱみゅの曲が一瞬だけ流れます。もっと聞きたかったです。

公式サイトに災害想起シーンがあるので注意するように、とありました。

その問題のシーンですが、津波というよりタイタニックの沈没シーンぽかったので水がもう見たくないっていう人以外は大丈夫だと思います。

すでにSING2の公開が2020年12月25日に決まっています。日本はそこから遅れて2021年春ぐらいかな?

SINGの登場キャラ達が大物になってるストーリーになるのだろうか?

モアナと伝説の海 同時上映 インナー・ワーキング レビュー

映画

www.disney.co.jp

 

地方では吹き替えのみで字幕の放映がないので吹き替えで見ました。

南洋神話を思わせるファンタジー映画です。

神々がまだ人と共にあった頃のお話です。

まず、エンドクレジット後にも映像があるので帰らないように。

いつもより席を立っている人が見受けられました。

同じ海のディズニーネタがあります。

日本版ポスターのみ海は友達みたいなふわっとしたポスターですが、あんまりこの海は優しくありません。

マウイの存在も日本のポスターだけ隠されていますよね。上に飛んでますけど。

海外の船にのって海に乗り出しているポスターのほうがこの作品の内容を表せていると思います。ディズニーの分析した結果、日本だけこのほうが客が集まるということなのでしょうけど。そのせいか女性がかなり多かったです。これがディズニーパワー……。

こちらのほうが、「君の名は。」でカップルだらけの時よりしんどかったです。

まず同時上映の「インナー・ワーキング」は内蔵擬人化アニメでした。

それをやると死に至る可能性が少しでもあると、それをするのは止めなさいという脳と弾けたいその他臓器。なんでもかんでも死に結びつけるあたりこの主人公の精神状態はよくない気がしました。その主人公の仕事は、紙を一枚めくるごとにキーボードを一字叩く仕事です。楽そうだけど壮絶に楽しくはなさそうなお仕事です。

最終的には、このまま老いて死ぬぐらいなら今を楽しむべきと脳も諦めてはじけて楽しい雰囲気になった所で本編が始まります。

主人公は島の族長の娘モアナ。男子のみが族長を継承する社会ではないようでそのままモアナは次期族長になることが定められていました。

そしてモアナは、この狭い島の周りの海だけではなく、島の周りの珊瑚礁の向こう側にある広い海の向こう側を旅することを夢見ていたのでした。

族長である父親珊瑚礁の向こう側に行くことを島民全員に禁じているのでした。それは父親もかつて試みて友人を亡くした過去があるから……。

マッドマックス4のオマージュもあったりと楽しい映画でした。

島を救うため隠されていた船で広い海に旅立つというヤマトのような展開も。

そんな感じで海に出てからが本番です。

ご先祖様達の船に対面した時に幻視する海を航海するご先祖様達の所が個人的には一番泣けました。

思えば縄文人もこんな感じに海を渡って日本にやってきたに違いありません。

生と死は表裏一体的な話もあり、さすがディズニーうまいなぁと感心していました。安心して見ることができる映画です。

 

 

 

小山 洋典「あなたの未練、お聴きします。」 感想

 

あなたの未練、お聴きします。 (マイナビ出版ファン文庫)

あなたの未練、お聴きします。 (マイナビ出版ファン文庫)

 

小説家になろうから、書籍化された作品です。

小説家になろうで「出版前夜祭 ~超低ポイント作者が、商業作家になるまでの体験記~」というエッセイを見かけたことをきっかけでこの小説を知りました。

この本が出版されるまでの経緯が記されているので是非読んでみてください。

WEB版から8割ほど書き下ろしを追加したのが、この書籍版のようです。

さてこの小説の内容は、未練を残して死んだため天上に送られない魂に、カウンセリングをして未練を解消する。エージェントと呼ばれる職業見習いである主人公の実地研修の話です。

この主人公達は、人間界と天上の狭間に存在する天使のような存在のようです。

もうちょっとその辺りの設定が欲しかったかなぁ。惜しい気がします。

あんまり設定つけるととんでもなく重苦しくなってしまったりしそうです。「死役所」みたいに全員元死刑囚とか。

それとも、ライト文芸というよくわからない位置づけで出版されているのでこれぐらいで良いのだろうか……。

文芸とライトノベルの中間ということだとは思います。文言とライトノベルの境目がどこかなのかについては、ただでさえ論争が巻き起こりますから定義が難しそうです。

主人公の名前は、遊馬と書いて「ゆま」ということにこだわりを持っていることが上記のエッセイから伝わりましたが、頭の中ではやはり「ゆうま」としか読めないよなぁ、と読んでいてまず思いました。終始「ゆうま」と読んでいたらしい編集さんの気持ちがよくわかります。

異世界もの以外にも小説家になろうから書籍化ってできるのだなぁということがわかる作品でした。だからこそ、見る目が厳しくなってしまう小説でもありました。

うーん。それでいいのか? ということが、終始どうも付きまとってきてしまうような気がします。きっと先に出版経緯エッセイを読んでしまったせいですね。

 あとがきには、目指したのはベストセラーでも名著でもなく小粒な佳作、と書いてありました。曰く、「佳作」と呼ばれる作品こそ心に深く残るものであるから。

最初から佳作を狙うと佳作にもなり得ないのではないか? と、私は思うのですが、それはまぁ人それぞれですよね。

 

 

村上春樹「騎士団長殺し」 感想

 

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

 

 

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

 

村上春樹作品を読んだことが、なかったのでせっかくなので最新作を読んでみることにした。

タイトルが発表された時から話題になっていた所をみると、さすが村上春樹先生としかいいようがない。内容はもう知れ渡っていると思うが、このタイトルから受ける印象のような中世モチーフのファンタジー世界を描いた話ではなく画家のおじさんが主人公の話である。その画家と「騎士団長殺し」という絵の話である。

なかなかのボリュームで読み終わるのに丸一日を要した。一気に読むには文字の大きさがややしんどかった。kindleのやや大きめの文字に慣れてしまったからかもしれない。

二冊同時に買っていなかったら一冊読んだ所でダウンしてしまったかもしれない。

文章は読みやすかったが、独特で中毒症状を起こしてしまいそうな気がするほどだ。はまる人はとんでもなくはまる、というのがよく分かった。

それと妙にエロチックな描写が多いのは村上春樹作品の特徴なのだろうか……。

色んな車も出てくる作品だった。村上春樹先生、車好きなのかな?

そして読み終わった直後の感想としては、「なるほど。わからん」みたいな感想が出てきてしまった。「イデア」とか「メタファー」とか。理想と隠喩。

画家と絵の話が根底にある話なので、絵心のある人ならなんとなく共感できたりするのだろうか。

大作家村上春樹先生だからこそ、許されている部分もあるのだと感じた。あまり影響を受けすぎるのは良くないと感じた。文章は真似ることはできたとしても、その先にあるものを自分のものにできるかというと厳しいのではないだろうか。

どんな作家にもあるものだとは思うが……。

それがきっとプロ作家に求められるものなのだろう。

 

山の上の豪邸で好きな車に囲まれて暮らしてる、免色さんみたいな暮らししてみたいなぁ。主人公の画家のような生活もいいですよねぇ。

そんな仙人のような生活をしてみたいものです。