蝙蝠山に吹く風は、

映画・ドラマ・アニメ・本の感想と福山市を中心にラーメン店巡り中

広告

【映画感想】太陽の下で-真実の北朝鮮ー

 

北朝鮮の日常ドキュメンタリーを撮ると見せかけて、作られた日常を隠し撮りによって映し出したドキュメンタリーである。

ありのままの日常と撮っているのかと思いきや、監督らしき男性が現れるのですぐ違うことに気づくはずだ。

そのため、この映画はまるで映画撮影の舞台裏を映したドキュメンタリーのようだ。台本を確認するお父さんは微笑ましく。その後の進行を忘れる退役軍人には笑ってしまった。途中まで、なかなか興味深い話をしていた後に突然「次なんだっけ?」みたいな事を言うからだ。非常にお爺ちゃんらしい言動だ。老軍人達の姿を多く見ることができたが、TVで見るジョンウンの隣に立っている軍人達と比べると、目がお爺ちゃんのような優しい目をしていた。彼らはただ国を信じて朝鮮戦争を戦ったただの老人達なのだろう。

やらせなのかもしれないが、工場で花束をもらっている人がどこかうれしそうに見えた。退屈な工場の作業を思えば、たまに行っているのかもしれない演技は楽しいものなのかもしれないと思った。

北朝鮮が撮ってもらおうと頑張って作っていた日常は、非常に日本人好みのストーリーだと感じた。

例えば劇の練習中に怪我したことした子供を、全員で病院見舞いに行くシーンなどだ。仲の良いクラスを演出するために日本でもやりそうな発想である。

日本の日常を作らせたら同じようなシナリオでドキュメンタリーを作ろうとするのではなかろうか。それを思うと彼らを笑うことができない。

東アジア的というべきか日本的と言うべきなのかがわからないが、韓国の映像作品が面白いのと同様に隣国ゆえに話のセンスが似ているのかもしれない。

最後に主人公が泣くのは、大人達に、ああしろこうしろと細かく指導をされたせいだろう。主役の苦悩と同時に子役の扱いの難しさを感じた。日本の子役は大人びすぎて子役らしさがないから、これぐらいが可愛らしくてちょうど良いのではとも思った。

噂にしか聞いたことがないトロリーバスが走っている光景は興味深かった。日本には黒部ダムにしか残っていないが、向こうでは現役なのだ。

北朝鮮に興味がある人しか、こんな映画みないと思うが興味がなければ強烈に退屈な映画なので注意を。

 

【映画レビュー】メアリと魔女の花 どうして赤毛ロング魔女っ子をもっと出してくれなかったんだ! 

この映画メアリと魔女の花は、ジブリ制作部解体によって、ジブリを退社した人達が集まって作られた会社スタジオポノック第一作です。

なので、予告編からもわかると思いますが作画がほぼジブリです。スタジオポノックではなく、ジブリだと思ってみている人も多いのではないかと思います。

あんまり期待せずに見に行ったせいか、この映画そこそこ面白かったです。逆に言うと期待してみると、とんでもなく面白くない映画ですね。

でも、冒頭の魔女がとんでもなく可愛い。なぜこの人を主人公のデザインに採用しかなったんだ! って言いたいほどです。メアリとこの魔女のデザイン反転させても誰も文句言わないんじゃないかな……。

この謎の魔女のシーンが、もっとあれば救われたかもしれません。登場キャラが可愛ければだいたいどうにかなるものです。

ちょくちょくジブリの過去作のオマージュぽいシーンが入っていたのは、おそらくわざとだと思います。色々探してみると楽しいかも。

どこからが、原作の要素でどこからが映画化によって追加されたシーンなのかが気になって原作も読みました。

新訳 メアリと魔女の花(角川文庫)

新訳 メアリと魔女の花(角川文庫)

 

 原作を読んで思ったのは、どうしてこのまま映画化しかなったのだろう? ということですね。映画で不満だった点は原作にはありませんでした。

原作そのままだと千と千尋ぽくなってしまうことが不満だったのでしょうかね?

その代わりに全てのジブリ作品を煮込んで米林監督独自のメッセージを入れた映画になってしまっています。

しかも、このメッセージ。かなりストレートに表現されています。風の谷のナウシカとか、もののけ姫を見て自然は大切なんだなあ、って思うのとは次元が違うほどダイレクトな表現です。

そんな余計なものを入れずに一人の女の子が体験したちょっと不思議な物語という話のままにすれば良かったと思うのですが……。

それと、時間の使い方が下手ですね。それはそこまで時間をとってやるべきシーンなのか? というシーンが目立ちだるい所が多いです。

スタジオポノックの次作に期待したいですね。

次はジブリからの完全脱却しか道はないと思います。

 

PS:動物群予告は激アツです……。

 

セブンイレブン 宇治抹茶のわらび餅 

f:id:BingoAkikaze:20170718231743j:plain

とりあえず抹茶とみれば飛びつくのが私です。ちなみにピック入り。

f:id:BingoAkikaze:20170718231747j:plain

わらび餅に抹茶が練り込んであるタイプかと思ったら、抹茶がまぶしてあるタイプでした。そして、ほんのり入ってる程度かと思ったら、クシャミしたら大惨事になりそうなぐらい入っていましたよ。

 

【映画レビュー】「キング・アーサー」 ジュード・ロウ……

SoAからのチャーリー・ハナムのファンなのでSoAが終わってしまったため、しばらく摂取できていないチャーリー・ハナム分を摂取できる映画かと期待して見に行ったが、チャーリー・ハナムよりジュード・ロウのほうが圧倒的に印象に残る映画だった。
映画見終わった後に残るものは、ジュード・ロウしかなかった。
実質、この映画の主人公と言っても過言ではないと思う。
王になるとはいえ、アーサーはアウトローな育ちをしているため、SoAのジャックスを思い出してしまう演技だった。はったりを効かせて奇襲するシーンなどはSoAを彷彿とさせた。
ジュード・ロウは権力にしがみつく愚かさを私達に教えてくれたのだ。権力にしがみつくために代償を支払っても悲しみしか残らない。

【映画レビュー】「ハクソー・リッジ」 英雄になった衛生兵

一人のアメリカ人青年が衛生兵として英雄になるまでを描いた映画であった。
彼は国のために軍に志願する。ただし、信仰の問題で彼は武器を持つことを頑固として拒んだ。
そして、彼は人を殺すことではなく、救うことによって英雄になったのである。
訓練中の描写はフルメタルジャケットを思い出させる話だった。ただし、向こうと比べるとハードな話ではなく笑う要素もあり比較的楽しいシーンとして作られていた。
その後に地獄の戦場が描かれているためかもしれない。
戦闘シーンは、とても迫力があった。銃弾という鉄が飛び交っている様子が見事に描かれていた。この戦闘シーンは必見である。
どちらかというと日本兵がバタバタとやられるシーンが多いため、日本人としては微妙な思いで見つめていた。負けた戦いであるから実際もそうだったのかもしれないが……。
米名、ハクソー・リッジ。日本名、前田高地。沖縄を訪れた際にはぜひ行ってみたい場所がまた一つ増えた。

【映画レビュー】「昼顔」 誰の視点に立って見るかで色々と変わる映画

今作を手がけた監督はドラマ版に引き続き西谷弘、脚本は白い巨塔で知られる井上由美子という実力派の二人である。
私はドラマ版はまだ未見だが、あらすじを読むだけでも今作を楽しむことができた。この映画は、二度と出会ってはいけない二人がもう一度出会ってしまう映画なのだ。
法律が二人を引き裂こうとも私達はそれに屈しないとでも言うかのように二人は再会する。
若干ご都合主義的な再会方法だったが、再開しないことにはこの映画は始まらないので仕方が無いと思う。
誰の視点に立ってこの映画を見るかによって色々な楽しみ方ができる映画だと感じた。
上戸彩演じる主人公沙和の視点に立ってみるのも、斎藤工演じる北野先生の視点に立ってみるのも良い。また伊藤歩演じる北野先生の妻、乃里子や平山浩行演じる飲食店のオーナーの視点に立ってみるのも良い。
沙和と北野先生の許されざる恋は、どの視点で見るかで感想が変わるはずだ。私はオーナー及び乃里子の視点で見てしまったため、涙がこぼれてしまいそうになった。劇中での彼らの台詞には注目だ。
そして、これほどまでにバスが使われる映画は初めて見た気がする。沙和と北野先生のバスの車内での様子も注目である。バスの窓をこのように使うとは思わなかった。
六月に入り梅雨がやってくる、これからの季節に是非おすすめしたい映画だ。

【映画レビュー】「ローガン」 ありがとう! ヒュー・ジャックマン さようなら、ローガン

ジョニー・キャッシュがカバーするhurtが流れるローガンの予告編を見たときに、これは絶対に面白い映画だな、と思った事を覚えている。
晩年のジョニー・キャッシュ老いたローガンが重なって見えてしまったのだ。
実際、今年見た映画の中でもトップクラスの面白い映画だった。
この映画の冒頭を見て映画ではないが、老いたソリッドスネークが登場するMGS4の予告映像を初めて見た時の事を思い出してしまった。あのスネークが老いてしまった衝撃と同様にローガンの落ちぶれた姿に衝撃を受けてしまったのだ。あの無敵の姿はどこに行ったのだろう?
またプロフェッサーXも90歳の老人になってしまい。認知症にまで始まっている。あの頭脳はどこに行ってしまったのだ。
映画からは老老介護の悲しき現実も垣間見えてしまう。
この映画は家族の映画でもある。
ローズが娘、ローガンが父、チャールズが祖父だ。酒浸りの父に愛想尽かして母は逃げてしまったのだろう。冗談で、母について語る台詞もあったらしいがカットされてしまったそうだ。
ローガンをここまで演じてくれて、ありがとう! ヒュー・ジャックマン! そして、さようならローガン。

【映画レビュー】あの日、侍がいたグラウンド

野球中継では見えない選手の顔

f:id:BingoAkikaze:20170711191113j:plain

WBC日本代表に密着したドキュメンタリー「あの日、侍がいたグラウンド」が一週間限定公開されているということでバルト11に見に行った。

優勝していれば上映期間をもっと長く取り、大々的に宣伝もしたのだろうが、敗退してしまったものはしょうがない。それでも映画館の席は、ほぼ埋まっていた。

映画館の席が埋まるのを見るのは、深夜のまどマギ最速上映以来ではなかろうか。

このドキュメンタリー映画からは、野球中継からでは見ることのできない選手の顔を見ることができたので大変楽しめた。負けてしまうことは知っているけれども、このまま優勝してしまうのではないかと思うほどの熱を感じた。
批判が多かった小久保監督であるが、招集状を作って渡すようにするなど心遣いをしている所が見ることができ、色々考えて代表監督を努めていたのだなと感心した。
青木選手がメジャーリーグの投手の球について解説している所も興味深かった。「球が遅く見えるけど差し込まれる」と、言うのだ。そのため、始動を早くする必要があるという。これがフォーシームとツーシームの違いなのだろうか? と見ていて思った。これが今後の日本野球の打撃の課題であろう。
登場する選手に偏りがあるのは仕方が無いことだと思う。
菊池、松田、筒香。あたりのファンであれば十分楽しめるはずだ。もちろん選手のファンでなく野球が好きな人でも十分楽しめることができる。

DVD&Blu-rayは8月4日発売とのことだ。

 

夏うた

今週のお題「私の『夏うた』」

夏うたというと、小学生の時に暑い音楽室で歌ったうたが記憶に残っている。窓を開けても風が死んでいて涼しくない。汗をじんわりと滲ませながら歌うのである。

音楽室のかけられている音楽家たちの肖像画が、これまた暑苦しかった。日本の夏にあの白いカツラは死んでしまうだろう。投げ捨てる様子が目に浮かぶ。

窓を開けることによって、蝉の鳴き声が鮮明になり余計に暑苦しかった記憶だけが残っている。その蝉の声に負けないように音楽教師に言われたような気がする。

これがまた爽やかな歌ならば、まだ救いがあるが夏といえば平和の歌であった。

どの歌なのかは今では覚えていないが、広島、長崎の夏を忘れないとか。夏が来る度にあの日を思い出す、とかそんな歌だった気がする。

今でも小学生たちは、そんな歌を夏が来る度に歌っているのだろうか。

 

2017年7月9日 手城川

 

f:id:BingoAkikaze:20170709225905j:plain

タライをひっくり返したというよりもプールをひっくり返したような豪雨が瞬間的に降り注いだ。NHKのテロップに氾濫警戒水位を超えたとの文字が出たので、本当は見に行っちゃいけないのだが、やばかったら逃げないといけないので様子を見てきた。

先日の豪雨の時も手城川は氾濫警戒水位を超え、春日町、南蔵王町では氾濫してしまったようだ。

今回は降雨が短時間であったことから氾濫することはなかったようだ。

f:id:BingoAkikaze:20170709223408j:plain

f:id:BingoAkikaze:20170709223401j:plain

 

f:id:BingoAkikaze:20170709223405j:plain

f:id:BingoAkikaze:20170709223418j:plain

カモが流されないように頑張っていた。